インドネシア神秘の自然薬 『ジャムゥ』の魅力 必ず行ってみたくなるジャムゥカフェ2選!

インドネシアが誇る天然漢方薬『ジャムゥ』の魅力を徹底解剖してみました!新時代ジャムゥカフェとジャカルタ最老舗ジャムゥカフェを紹介します。

古の時代から脈々と受け継がれる自然薬

漢方薬といえば中国!とイメージすることが多いと思います。しかしインドネシアにも『ジャムゥ』という植物由来の天然成分を原材料とする薬が存在します。それは遥か古の時代から伝承されてきました。かつて王族が愛飲した歴史もあり、世界遺産として知られる『ボロブドゥール』の仏教遺跡にも薬を調合する姿が浮彫で描かれています。

スーパーやコンビニでも売られているインドネシアきっての大衆薬『トラックアンギン』も立派なジャムゥ薬。最近は子供用から風邪用などいろんな種類が売られています。

文献によると『ジャムゥ』とは、ジャワ島中部で民間伝承されていた植物生薬系の薬が発祥とされています。処方するのは医者でも薬剤師でもなく一般人。患者の身体に触れて診察することはありません。症状を聞いて調合するのですが、調合者に必要なのは、症状に対する処方の知識と調合技術、生薬の種類の見分け方など。これらは基本的に世襲制で口伝で母から娘にで伝承されてきた歴史があるようです。

『Jamu Bukti Mentjos』の店内。ジャムゥの原材料となる植物の説明写真。スマホで翻訳しながら詳細を調べているとあっという間に時が過ぎてしまいます。

効能ごとに多種多様な薬が存在しますが、実際のところは細かな成分分析はされていません!また治療概念が医学体系として記録されているわけでもなく、使用する植物の成分分析にしても完全に解明されていません。それゆえに、まだまだ謎めいた部分があることは否めません!しかし西洋医学が主流の現代であるにもかかわらず、健康促進や予防医薬として密かに注目されています。

街中のジャムゥ売りのおばさんからも購入可

『ジャムゥ・ゲンドン』と呼ばれるジャムゥ売り女性の行商姿は、よくインドネシアの風物詩として描かれます。絶対数こそ減りましたが、現在でも稀に見かけます。瓶詰めされた数種類の液体が入ったカゴに布を巻きつけ、それを肩から背負い片手にはバケツを持っています。ただしジャカルタなど都市部では自転車で売り歩く女性もいます。

『ジャムゥ・ゲンドン』と呼ばれる町売りで行商するおばさん。実はとても気さくな人が多い。最初の一杯を飲んだ後、口直し用のハチミツドリンクまでがワンセット。

手持ちぶんが売れたらその日の商売は終わり。購入する場合は女性を呼び止めます。そしてジャムーを飲んだ後に口直しのジュースを飲むのが一般的です。現在の値段は一杯5,000ルピアほど。味はウコン独特の苦味が特徴的な飲み物です。いつでも見かけるわけではありませんが、もし出会ったら健康促進のために一杯飲んでみるのもいいかも知れません。ただし、あくまでジャムゥは薬。「良薬口に苦し」と言われるように、そこのところは覚悟して自己責任でチャレンジしてみてくださいね!

毎日でも通いたくなるジャカルタのジャムゥカフェ2選!

街中の行商から買って飲むのはちょっと・・・ハードルが高いですよね。そんな方のために、気軽に通えて安心してジャムゥを試せるジャムゥカフェ2店をご紹介します!

①新時代のお洒落ジャムゥカフェ『Suwe Ora Jamu』

ジャムゥ飲み比べセット7種で45,000ルピア。シナモンスティックはマドラーとして使う。

お洒落な若者が集う未来的なジャムゥカフェ

幼少時から漢方薬に興味があった店主が、2013年に満を持して開店させたジャムゥ専門カフェです。年配者向けの印象が強いジャムゥを若者に普及させたい。そんな店主の思いが、内装や商品、至るところから感じられます。

奥の広い部屋はアンティーク家具が並ぶ、購入可の古本コーナーも

不揃いのテーブルや椅子は年代物のアンティーク家具を使用し、壁には前衛的なパステルカラーの壁画や昔のインドネシアの様子が描かれたイラストが飾られていてそれを見るだけでも楽しい♪

粉末のジャムゥからオーナー自らの著作の日本語訳も売られている。

また瓶詰めのジャムゥボトルやお土産品もスタイリッシュで思わず買ってしまいそう。とっておきは『ジャムゥの物語』という本まで出版。しかも日本語訳、韓国語訳も出すほどの力の入れよう。

ブロックMからもほど近い場所にあり、奥に広い作りになっている。芸術家の溜まり場的な雰囲気も◎。店内には、カフェ以外にも様々なジャムゥ関連の商品を販売していて、贈り物にも最適。また親日家のオーナー自らがジャムゥ作りの教室も開いている。

インドネシア文化である『ジャムゥ』の新たな未来を切り開くカフェとなることを大いに期待したくなるカフェです!

店名 Suwe Ora Jamu
住所 Jl. Petogogan 1 No.28B
電話番号 +62-21-7279-0590
営業時間 11:00 – 24:00
定休日

②創業69年老舗ジャムゥカフェ『Jamu Bukti Mentjos』

老舗の風格漂うコの字カウンター多種のジャムゥが勢揃い

創業1950年の老舗ジャムゥカフェ!

ジャカルタ最古のジャムゥカフェ。今でも多いときは一日400人以上が訪れるようです。客層はご年配の方が多いらしいのですが、店頭の駐車場に高級車が並ぶことも珍しくなく、インドネシア人の富裕層のご常連から支持を得ています。もちろんジャムゥはすべて自家製。

袋詰めのジャムゥの持ち帰り客も多い。おかゆなど軽食も食べられる。

一番人気の『Beras Kencur』は巷でもポピュラーなジャムゥで万能薬とされています。特に風邪の症状や片頭痛、吐き気に効果を発揮するようです。また変わり種としては、朝鮮人参を使った男性精力剤の『Satria Ginseng』も人気が高いです。

ジャムゥのみならず、中国漢方薬も取り扱う。見た目が奇妙な天然薬が並ぶ。

自宅で処方することを前提にまとめ買いして持ち帰る客も多いようで、夜8時以降になると、客の症状から最適な薬をアドバイスしてくれるスタッフが訪れます。何を飲めばいいのかわからない場合は夜の時間帯を狙って行くといいかもしれません。

長いコの字カウンターが特徴的で清潔感漂う店内は一見普通のカフェにようにも思えますが、目の前の棚には多種の粉末のジャムーが並ぶ。店員さんは愛想よく好感がモテる。簡単な症状を伝えれば(要インドネシア語)オススメのジャムゥを提供してくれます。

店名 Jamu Bukti Mentjos
住所 Jl. Salemba Tengah No.48
電話番号 +62-21-390-8645
営業時間 9:00 – 21:00
定休日 日曜日

インドネシア人には生活する上で欠かせない漢方薬『ジャムゥ』 インドネシア滞在中の健康促進のためにもぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend