インドネシアでの電子マネーカード(e-money)を使う

高速道路や地下鉄の利用に欠かせないものとなったe-money(カード型電子マネー)。上手に使いこなせばジャカルタ生活の幅も広がる便利なツールの一つです。

購入・トップアップ ( チャージ )・使い方

各大手銀行がe-moneyを発行していますが、購入方法・トップアップ方法は以下の通りです。

  • 購入場所
    各銀行の窓口、トランスジャカルタの駅窓口、提携のコンビニなど
  • カード代金
    20,000〜25,000ルピア程度で、その場で好きな額をチャージし、アクティベイトしてもらえばすぐに使用可
  • トップアップ(チャージ)
    各銀行のATM、EDC、トランスジャカルタの駅窓口、コンビニやインターネットバンキングなど
  • 使用方法
    日本のsuicaなどのカード型電子マネー同様、専用機の読み取り部分にカードをタッチするだけですが、読み取り機能は日本ほど優れてはいないので、使用時には少し注意が必要です。
  • 使用可能場所
    バス、MRT、提携レストランやスーパーの他、高速道路、ガソリンスタンド、駐車場でも利用できるe-moneyは、車での移動時
  • 各銀行が発行している代表的なElectric Money

    各カードの使用法・サービスにはさほど違いはありませんが、57,000以上の取り扱い店舗を持つBCA銀行の「Flazz」、次いでMandiri銀行が発行する「e-money」が人気です。

    Mandiri
    e-money|発行元:Mandiri銀行
    BCA
    Flazz|発行元:BCA銀行
    BNI
    TapCash|発行元:BNI銀行
    BRI
    Brizzi|発行元:BRI銀行
    カードの種類によって使える店が異なる。利用できる店舗はホームページにて確認を。

カテゴリー