非日常の世界へ。極上空間で楽しむランチ|NIDCIELO

グナワルマン通りに店を構えるスペインバルNIDCIELO。

間もなくグランドオープンを迎えるが、すでに多くのブロガーや著名人も足を運び、話題となりつつある。今回はそんな同店の秘密を探るべく、同店に潜入した。

創られた空間に潜む日常と非日常の価値

シンプルな外観とは裏腹に、エレベーターが開いて最初に目に飛び込むのがモダンな雰囲気が漂うバーカウンター。バルという事もあり、ワインやスピリッツも数多く取り揃えている。

ウェイターに案内され、奥へ進むと、そこに広がるのはジャカルタの混沌さを忘れさせる、鮮やかで煌びやかな世界が広がっている。

店内は艶やかなオレンジをベースとして、ポイントカラーに青や緑を取り入れている。まるで燦々と輝く太陽のもとで、フラメンコや買い物を楽しむスペインの情景そのものを表しているかのようだ。

「食事と一緒にお店の雰囲気も楽しんでほしい」と試行錯誤の末に生まれたゾーニング。お店全体の雰囲気も感じつつ、周りのにぎやかさは気にならない。席によって視線の高さが変化し、来店の度に新しい発見をすることができるだろう。

シェフの感性から生まれたタパス

NIDCIELOで提供されるメニューはスペイン料理の基本を抑えながらも、随所にオリジナリティや遊び心が光る。そんなメニューが生まれる理由は、様々な所から刺激を受けること。「お皿の色や質感からインスパイアを受け、メニューを考えたこともあった」とシェフは語る。

Catch of the Day Paella(Rp.360,000)
スペイン料理の定番といえば『パエリア』。海老の旨味が凝縮された同店自慢の逸品。

Barramundi a la kadaif(Rp.165,000)
通常は小麦粉と水が原材料となる麺『カダイフ』も、同店ではジャガイモを使用している。見た目も華やかで食欲をそそる。

一品一品にこだわりが詰まった料理

最高の空間とリーズナブルな価格でいただくランチ

“バル”と名がつくからにはディナータイムをイメージしがちだが、10/21(月)より平日限定でランチメニューの提供を開始した。

『Salmon Tartine』(Rp.110,000++)
サーモンのタルティーヌは香ばしくトーストされたサワーブレッドにサーモンや野菜のフレッシュな食感がよく合う。

『PESTO FETTUCCINE』(Rp.138,000++)
濃厚なクリームが絡むジェノベーゼパスタ。食べ応えもあり、男性にもおススメだ。

※平日11:30am-3:00pm
※全てのランチメニューにサラダ・ドリンク(アイスティーorアイスレモンティー)付

ランチ後は、自家製ケーキとコーヒーで優雅な午後のひと時を楽しむこともできる。

唯一無二の空間で非日常を楽しむディナー

自然光が差し込むランチから一転、ディナータイムは照明がムーディーになり、より”非日常の空間”を演出する。

間接照明が輝く店内

11/2のグランドオープンでは、より特別な一夜になるよう、インドネシアで人気の歌手を招いてイベントが催される。(詳細は店舗までお問合せください。)

ランチは光あふれる明るい空間で、夜は大人が集うムードあふれる空間で特別な時間を楽しむのはいかがだろうか。

店舗情報

住所 SOHO Building 2nd Floor Jl. Gunawarman No. 61, Jakarta Selatan
電話番号 +62-21-2708-5188
+62-812-8232-1168
営業時間 平日・日曜/11:30-24:00
金曜・土曜/11:30-25:00
Instagram ID 公式アカウントはコチラ

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend