ブルーバード、タマン・サファリのシャトルバス運航開始 |2019-10-02

写真:thejakartapost.com

タクシー大手ブルーバードは9月29日、西ジャワ州ボゴールにある「タマン・サファリ・インドネシア」に観光客を運ぶシャトルバスの運行を開始した。

ブルーバードは、シャトルバス事業を手掛ける「ビッグバード」を通じて、ジャカルタ首都圏交通管理局と連携し、この事業を実施する。これにより公共交通機関の利用を促し、渋滞の緩和を目指す。

シャトルバスは土曜日と日曜日に運航される。南ジャカルタのブロックMを起点とする。料金は40万ルピア(約28.24米ドル)という。この料金にはタマン・サファリ・インドネシアとハウス・パンダ・サファリの入場料、軽食、保険パッケージが含まれている。

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend