ジョコウィ大統領の息子が市長候補に|2019-07-30

写真:thejakartapost.com

中部ジャワ州スラカルタ市で行われた調査によると、市民が市長になってほしいと望む人として、ジョコ・ウィドド(ジョコウィ)大統領の長男のギブラン・ラカブミン・ラカ氏が現職市長と並んで一番人気となっていることが明らかになった。

スラカルタ市はジョコウィ大統領がかつて市長となり政治家としての経歴を開始した市でもある。また同じ調査で、次男のカエサン・パンガレップ氏の名前も3位にランクインしている。二人とも現在は独立して事業を行っている。
 

この調査はスラカルタの大学の公共政策研究所が行ったもので、統計の誤差は4%ほどという。

調査対象の9割の人がギブラン氏の名前を知っていたといい、ギブラン氏の知名度が高いことが窺える。その他には、商工会議所長、宗教指導者、大学学長などがランクインしている。

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend