7月7日はカルピスの誕生日! カラダにいいこと始めよう |Calpis

子どもから大人まで誰でも知ってる「カルピス」。夏になると飲みたくなる、昔から親しまれてきた飲み物だ。

そんな「カルピス」が、7月7日で100周年を迎える。

創始者である三島海雲氏が、モンゴルで遊牧民の飲んでいた酸っぱい発酵した乳を飲み、そのおいしさと健康効果に驚き、1919年(大正8年)7月7日に日本で初めて乳酸菌飲料を販売、それが「カルピス」だ。

『カルシウム』の“カル”にサンスクリット語の『サルピス(熟酥)』

から名付けられ、トレードマークの水玉模様は天の川をイメージ。

インドネシアでは25年前より販売。乳酸菌など体にいいことはそのままに、「CALPICO」という名前で親しまれている。

お馴染み希釈タイプやゼリーの入った「CALPICO jelly」「CALPICO GURT」など、パパイヤやAEON MALLで購入できる他、オンライン販売も行っている。

カラダを崩しがちなインドネシア生活、100年の歴史ある乳酸菌で、毎日元気なカラダを作ろう!

工場見学も実施中!Webサイトを見てみよう!

Calpis

取り扱い販売店 パパイヤ
THE FOOD HALL
イオンモール
ウェブサイト calpico.co.id
インフォメーション
◎工場見学も受付中!詳細はウェブサイトまで。
-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend