登録人数5,000人突破!LINE公式アカウント友だち追加はこちら

【週末の達人】私とカニとバリクパパン 朝から夜までカニざんまい

バリクパパン名物のカニ、街中でカニ料理店を見つけることができる

ヌサンタラへ向かう玄関口となる港町バリクパパン。カリマンタン島東部の都市で木材や鉱物、石油など資源が豊富なことで知られ、首都移転で注目される街でもある。

バリクパパン名物のカニ、街中でカニ料理店を見つけることができる
大きなカニを手ごろな値段で食せるのが魅力

バリクパパンの街中には、カニをはじめとした海鮮料理店が軒を連ねる。その中でもおすすめしたいのが「Dandito」と「Apong」の2つ。「Dandito」は地元民からも愛される有名店で大阪の”あれ”を思いださせるカニ看板が目印。お酒は置いていないので要注意。「Apong」は中華風の海鮮料理屋で料理にこだわりや工夫を感じるお店だ。こちらのお店は「ビンタンビール」あり。

中華風のカンクン鍋、エビやトマトが入っていて日本人にも好まれやすい味
うちわエビなど蟹以外のシーフードもリーズナブルな価格

早朝は「Klandasan市場」へ。漁師向けの海上食堂「Warung Cahaya Laut」は新鮮な海鮮を炭焼きで出してくれる。朝食はここ!

漁師のための会場食堂、焼き立ての白身魚が美味
空港にオランウータンの写真が飾られていて、カリマンタン島に上陸したことを感じさせられる
※この記事は2024年7月時点の情報をもとに作成しました。

カテゴリー