ガルーダ航空 定刻運行世界一|2019-05-13

写真:thejakartapost.com

 国営ガルーダ・インドネシア航空は声明にて、英国を拠点とするデジタル航空情報会社大手のOAGが同社を「世界で最も時間厳守な航空旅行」のカテゴリーに認定したことを発表した。

 声明では、2019年4月の同社の定刻運行率は95.5%であったことや、同社が2018年12月から5ヶ月連続で「世界で最も時間厳守な航空旅行」に認定されていたことにも言及。OAGの定刻運行最高位に5カ月連続で認定されたのは、アジアの航空会社では唯一のことだという。

 国営ガルーダ・インドネシア航空のオペレーション担当者は「断食明け大祭(イドゥル・フィトリ)のピークシーズンに向け、安全かつ正確な運行ができると自信をもっている」とコメントしている。”

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend