【注目!】駐インドネシア日本人必携のクレジットカードはこちら!

フマキラーインドネシアからの危険な虫情報|この虫を見たら要注意!! ハネカクシ【トムキャット】

イラストの様な黒とオレンジでアリのようなお尻が尖っている虫を見つけたことはありませんか?もし出会っても絶対に触れないでください!

肌の上にいるこの虫を潰すのも厳禁です。この虫の体液にはペデリンという毒が含まれていて、皮膚に付いてから約2時間でかゆくなり、そのあと赤くはれ、水ぶくれができ、皮膚炎をおこします。ほうっておくと治るのに2週間以上かかることもあり、まちがって目にはいると失明することもあります。

日本では(やけど虫)とも呼ばれます。インドネシアでは「Tom Cat」(トム キャット)と呼ばれています。体は小さいけれど、火傷のような水ぶくれを引き起こします!

トムキャットの特徴と対策を知り、もしもの時に備えておきましょう。

特徴

体調は7mm前後で、体は黒とオレンジ色で羽は青色です。水気のある場所や草むらに生息しています。夜間に街灯や室内灯などの光に集まる性質があるので、屋内にも侵入してくることがあります。

ハネカクシと言われる通り、羽を隠していますが飛ぶことが出来ます。
噛みついたり刺したりはしません。体液に「ペデリン」という炎症を引き起こす毒が含まれています。

対応策

この虫が体にとまったら、つぶさないようにそっと払いのけるようにすることが重要です。
素手で触ることを避け、肌の上を這っていていても潰さずに息で吹き飛ばすか、タオルやハンカチを使う等してそっと払い除けるようにしましょう

触れてしまった際は早急に水で流し、症状がひどい場合は皮膚科のある医療機関に行く事をお勧めいたします。

※ハネカクシの死骸でも潰してしまった場合は炎症を起こします。
死んでいるからと油断は禁物です。

窓はカーテンなどを閉め、外に室内の光が漏れないようにすることも近くに寄せない対策の一つとなります。

ベープでお馴染みの「フマキラー」は害虫駆除も行っています

「ベープ」でお馴染みのフマキラーでは、インドネシアでも商品を展開している他、オフィスやご自宅のペストコントロール(害虫駆除事業)を行っています。

ベープでおなじみのフマキラーがインドネシアで害虫駆除も行っています。
事務所、店舗、ご自宅、等 害虫関連でお困りの際はお気軽にご連絡下さい。

問い合わせ先

Email info@fumakilla.co.id
TEL 021-766 8440
電話 +62 812-9551-3988 (日本語/WA可)
+62 811-869-1288 (インドネシア語/WA可)

カテゴリー