ガルーダ、初のパプア出身女性操縦士を採用|2019-08-05

写真:thejakartapost.com

国営ガルーダ・インドネシア航空はこのほど、初めてパプア州出身の女性操縦士2人を採用したと明らかにした。
 

同社によると、採用したのはバンダ・コリサノさんとマルタ・イタールさん。

ガルーダはパプア州出身の操縦士を採用する事業を始動させており、その一環だという。これにより、インドネシア各地の女性をはじめ様々な人にチャンスを与えたいとしている。
 

両者はニュージーランドのネルソン航空カレッジを卒業した後、インドネシア当局から操縦士の免許を付与されている。

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend