貧困層救済に”米”のATMを設置 スマラン州政府|2019-05-08

写真:regional.kompas.com

 スマラン州地方政府・食糧安全局が7日、「ATM BERAS(米のATM)」を設置した。元々は同市内のモスクで発案されたものを、同局が貧困層へ米を配給するために実用化した。

 米のATMは市内5ヵ所のモスクに設置される予定で、同局から各ATM機に1トンの米が供給される。利用は1週間に1回、2.5キログラムの米を引き出すことができ、1ヵ月最大10キログラムまで。およそ100人が利用できる見込みで、期間は2019年12月末までを予定している。それ以降に関しては様子を見ながら、モスクと相談して決定する方針だという。

 米のATMとは、無線ICタグカードを機械にかざすと、一定量の米が自動的に出てくる仕組み。貧困層と認定された住民だけにカードが配布され、無料で米が配給される。

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!Lifenesiaの[email protected]をフォロー! addfriend