バリ観光の中国人 感染していないことが判明 |2020-1-25

写真:thejakartapost.com

バリ島に滞在中の中国人観光客2人が新型コロナウイルスの感染の疑いがあるとして、州都デンパサールのサングラ総合病院で隔離治療を受けていることが24日明らかになった。

バリ保健当局は同日「新型コロナウイルス感染の疑いのある中国人2人はきょうだいで、どちらもまだ子ども。一時は熱に苦しんでいたが、現在病状は回復に向かっている。現在は保健省の研究機関が行った精密検査の結果を待っている状況だ。」と報道陣に対し語った。

中国人のきょうだいが入院しているサングラ総合病院には、数日前から同じくコロナウイルス感染の疑いで中国長期在住歴のあるメキシコ人男性が入院していたが、検査の結果が陰性だったため退院している。

-------------------------------------------------------

ジャカルタの最新トピックを毎週配信中!LifenesiaのLINE公式アカウントをフォロー!
友だち追加