Archives : PLN

PLN、原子力発電所について事業計画で言及

インドネシアの国営電力会社PLNは、原子力発電所の運営計画を再始動する意向だ。これまでに原発計画は何度も棚上げされてきたが、同社の2026年までの事業計画に盛り込まれたという。 PLNの電力調達計画には、コストのかかる再生可能エネルギーによる発電事業の代わりとして、インドネシアの遠隔地に原子力発電所を設置する可能性に関して言及された。ただし、この計画では、水力、地熱、太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電が難しい場合に、あくまでその代わりになる最終手段として原子力発電を選択するこ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

PLN、30億米ドルのグローバル債発行へ

インドネシアの国営電力会社PLNは、5月中に30億米ドル相当のグローバル債券を発行する見通しだ。当初計画では15億米ドルだったが、それを超える債券を発行することになる。 PLNは2018年に償還期限を迎える10億米ドル相当の自社の社債があるため、今回の債券発行で借り換えを実施する。新たな社債は10年ものだという。 インドネシア政府は3万5000メガワット分の発電容量を増やす計画を打ち出しており、PLNによる資金の確保はこうした政策を後押しするものになると期待されている。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

国営電力PLN、2016年は75%増益確保

インドネシアの国営電力会社PLNの2016年の純利益は10兆5100億ルピア(約7億8851万米ドル)となり、前年から75%増加した。 PLNの2016年の電力販売額は前年比2%増の214兆1400億ルピアで、売電量は同6.5%増の216テラワット時(TWh)だった。売電収入の伸びは、2016年にPLNの発電所の発電能力が3714メワガットに拡大したことを受けたものだという。また、PLNの契約世帯も増えているという。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

PLN、パプアでバイオマス発電事業を実施

インドネシアの国営電力会社PLNはこのほど、ムラウク・ナラダ・エネルギーとムラウクでのバイオマス発電所の建設で合意した。PLNによると、ムラウク・ナラダ・エネルギーは今後、バイオマスを使った再生可能エネルギーによる発電所を建設し、2017年の稼働を目指す見通し。 ムラウク・ナラダ・エネルギーは現在、ムラウクのワペコでバイオマスを電源とする発電所の建設を進めている。使用されるのは、木材チップだという。完成すれば、近隣の特別経済区に電力を供給することになる見込みだ。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

PLNによるプルタミナ地熱エネルギー買収、模索中

国営電力会社PLNは、プルタミナの地熱エネルギー部門の子会社PGEを買収計画であるものの、両者が納得する買収案を未だ見い出せずにいる。 インドネシア国有企業省の副大臣であるアロイシウス氏は11月10日、「我々はまだ合意には至っていないが、引き続き協議を続ける。」と述べた。同氏によると、両社は現在デューデリジェンスを行っており、実際に買収のプロセスを進めるのは両社が納得してからであるとのこと。できれば今年中に、との思惑も述べた。 当買収計画は、今年の下半期頭に国有企業省リニ大臣が提案を始めた。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

住友商事、石炭火力発電所拡張建設工事受注

「住友商事」(東京都中央区、中村邦晴社長)は9月24日、インドネシア国営電力会社「PT. PLN 」から、アメリカの大手エンジニアリング会社「Black & Veatch International Company」(BVI)、インドネシア土木会社「PT. Satyamitra Surya Perkasa」(SSP)とコンソーシアムを組成し、「ロンタール拡張超臨界石炭火力発電所」(ジャワ島バンテン州、発電容量315メガワット)の土木据付込み一括請負工事契約を受注したと発表した。 発電所はジャ
post in インドネシアの経済/企業ニュース インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

Find Another news