Archives : LRT

LRT建設 順調に進む

ジャカルタ特別州と南スマトラ州の州都パレンバンで建設が進む軽量軌道交通システム(LRT)について、インドネシア政府は双方とも建設が順調に進んでおり、予定通りに完成するとの見解を示している。 ブディ・カルヤ・スマディ運輸相によると、パレンバンのLRTはアジア競技大会が開催される2018年内の完成が予定されており、一方でジャカルタのLRTは2019年の完成を目指している。ジャカルタのLRTの完成時期がパレンバンよりも遅いのは、工事を開始したのがパレンバンよりも遅かったため。現在、パレンバンでは建設
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アジア競技大会に向けLRT建設が始まる

ジャカルタ特別州の州営ジャカルタ・プロパティンド社は、2018年に開催されるアジア競技大会に向けた次世代型路面電車(LRT)の建設を開始した。建設には総額3億3800ドルがかかる見込み。LRTのような公共性の強いプロジェクトについては競争入札を経ずに建設を請け負う会社を決めることができるとする規則にジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領が11月21日に署名し、これを受けて建設を始めた。 LRTは北ジャカルタのクラパ・ガディンのメイン会場と東ジャカルタ・プロガドゥンの自転車競技場を結ぶ。建設会
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

いよいよLRT着工 ジャカルタ生誕日に

生誕489年を迎える首都ジャカルタで、生誕記念日の6月22日にいよいよ次世代型路面電車(LRT)の建設が始まる。8日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 総工費は4.4兆ルピア。建設を行う州営建設ジャカルタ・プロパティンド社のヘラガンディ社長が7日に明らかにした。バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事も着工式に参列する予定。まず、第1期工事では北ジャカルタのプロマスに列車基地を設け、北ジャカルタのクラパ・ガディンからの6キロメートルの区間の建設を行う。 ジャカルタ州政
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

LRT整備急げ 関連規制緩和

 ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は政府に対し、次世代型路面電車(LRT)プロジェクト加速のため関連規制の改定を要求している。31日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  アホック知事は29日、ジョコ・ウィドド大統領が招集した国内LRTプロジェクト進捗報告会議に関連知事らと共に出席。大統領に進捗について尋ねられると、州がまだ建設を開始できずにいる背景を説明し、プロジェクトの実施を阻んでいる関連法案の改定を要求した。具体的には、 工事に国有企業だけ
post in Uncategorized Tagged:,

Find Another news