Archives : LGBT

美容院でのLBGT雇用を禁止、アチェ州

アチェ州ビエウレウン地区当局はこのほど、美容院でLGBT(性的マイノリティー)の人を雇用することを禁止した。LGBTの人が美容院を経営したり、美容院で働くケースが少なくない中、LGBTの人々の影響が地域の若者に広がることを恐れているためだという。21日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ビエウレウン地区当局のシャリア(イスラム法)局は今回、地域の美容院の経営者に対して書面でLGBTの人を雇用するのを禁止するとともに、違反すれば事業ライセンスを取り消すとの方針を伝えた。 また
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

反LGBT法、国民純心党が提案

インドネシアの国民純心党(ハヌラ)は、LGBT(性的マイノリティ)の人々の活動に対し制裁や規制を科す特別法の設置を呼び掛けている。同党はこれにより、インドネシアにおけるLGBTコミュニティの活動を制限したいとする。5日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ハヌラのベルリアナ・カルタクスマ事務局長は、「LGBTになることは感染症や危険な病気になるということだ」と指摘。「禁じられている共産主義や麻薬のようにLGBTも禁止されるべきだ」と語った。 インドネシア人の精神科医が「LGB
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

LGBT支援団体によるデモを阻止=ジョグジャカルタ警察

ジョグジャカルタ特別州の警察は23日、LGBTの支援グループ「デモクラシー・ストラングル・ソリダリティー(SPD)」によるデモを禁止した。SPDのデモ隊はジョグジャカルタ・ケンバリ・モニュメントに向かうデモを行おうとしていたという。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ジョグジャカルタ警察のプリ・ハリトノ氏は、「SPDはデモの申請が遅すぎたため、デモの許可を与えなかった」と説明した。 一方、ジョグジャカルタでは、デモを実施しようとしたSPDの活動家約60人と、警察官300人が衝
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

「LGBTはハラム」MUIが見解

LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略語)について、インドネシア・ウラマ評議会(MUI)をはじめとする国内のイスラム教団体はこのほど、「イスラムの教義に反する」との統一見解を示した。電子紙コンパスによると、マルフ・アミンMUI会長は、17日の会議の中で、「LGBTはハラム」だと述べ、法律で禁止するべきだと主張した。さらに、LGBTは「国家5原則(パンチャシラ)における“唯一神信仰”、“人道主義”の2つに抵触するほか、婚姻に関する法令(74年第1号)に沿わない」、「HI
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

LINEスタンプ自粛要求 LGBT助長とイ政府

インドネシア政府が無料通信アプリLINE(ライン)に対し、同性愛者をテーマにしたスタンプの提供をやめるよう要求していたことが明らかになった。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。同紙は情報通信省のスポークスマンの意見として「ソーシャルメディアは、その国の文化や背景を尊重すべきだ。現在販売しているようなスタンプが存在することは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの略語)コミュニティのサポートにつながる」とのコメントを掲載。しかしこの発言に国際人権保護
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

LGBTは大学にいらない 教育大臣が発言

ムハンマド・ナシル研究技術・高等教育大臣は大学でのLGBTの活動は禁止されるべきとの考えを明らかにした。25日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。LGBTとは、女性同性愛者(レズビアン)、男性同性愛者(ゲイ)、両性愛者(バイセクシュアル)、性同一性障害を含む性別越境者(トランスジェンダー)の頭字語から生まれた言葉で、法律的・社会的に割り当てられた性別とは異なる性別を生きる人々のことを指す。ナシル大臣の言葉は、インドネシア大学でLGBT学生のためのカウンセリングなどを提供している「
post in インドネシアの政治/社会ニュース インドネシアのその他のニュース Tagged:

LGBTコミュニティ 国際平和デーのイベントで差別撤廃を訴える ジャカルタ

ジャカルタのレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)コミュニティは、9月20日、ジャカルタ市庁舎で人権監視団体ワヒド研究所が主催した国際平和デーを祝うイベントに参加し、インドネシアのLGBTへのサポートを訴えた。参加した団体は、アルス・プランギとサンガール・ワリア・ムダというLGBTコミュニティ。コミュニティの運営委員であるリアンさんは、「私たちLGBTのコミュニティは、宗教、民族、性の差異を超えて皆が平和に暮らせることを願っています。未だにLGBTに対する差別は根強く、
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news