Archives : IT

在インドネシア日系企業のビジネスリスクと経営課題 無料ITセミナーのご案内

東洋ビジネスエンジニアリング インドネシア(b-en-g)、新日鉄住金ソリューションズ インドネシア(NSSOL)、サクラシステムソリューションズ(SAKURA)が3社共催でセミナーを開催する。本社のコンプライアンス・内部統制に応え、現地の法制度対応・経営情報の見える化の実現を目的とした内容となっている。 【申し込み】 http://seminar.sakura-system.co.id/jpn/register 【開催日】 4/20(水) 【言語】日本語 【会場】 The EAST, J
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

「ITエンジニアの育成が急務」、Bukalapakが特別プログラム

世界のIT(情報技術)部門で勝ち抜くために、インドネシアはITエンジニアの育成を急げ――。電子商取引サイトの「Bukalapak.com」がこのほどこうした見方を示した。3日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 BukalapakはITエンジニアの育成に向けた特別プログラムを策定している。同社のザキー最高経営責任者(CEO)は「中国をはじめとする近隣諸国をみると、インドネシアはIT分野の人材の質という面では遅れをとっている。こうした中で、われわれはインドネシアのデジタル人材の育
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ISID、インドネシアでリース・ファイナンス業界向け事業に参入

「電通国際情報サービス」(=ISID、東京都港区、釜井節生社長)は1月20日、子会社の「PT. ISID INDONESIA」を通じて、インドネシアでIT事業を展開する「PT. Indocyber Global Technology」と業務提携し、同国の現地企業を対象にリース・ファイナンス業向け基幹システム「Lamp(ランプ)」の提供を開始したと発表した。この提携に基づき、すでに現地企業として第1号となるユーザーを獲得しており、今後3年間で約20社への販売を計画している。  近年アセアン各国で
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

インドネシア語で越境ECの取組を開始 チャプターエイト

株式会社チャプターエイト(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:高野 勇斗)は株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が運営するオンラインショッピングモール『ポンパレモール』と共同で東南アジア向け越境ECの取り組みを開始した。『ポンパレモール』に出店している店舗が、チャプターエイト社が運営する海外向けECサイト『Jselection』(http://www.jselection.jp/)を通じて東南アジアに在住の方に向けて商品を販売できるようなる。
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

サイボウズ、東南アジアの拡販体制強化に向けパートナープログラムを再編

ソフトウェア開発の「サイボウズ」(東京都中央区、青野慶久社長)は10月27日、アジア事業での拡販体制強化に向け、アジアのパートナープログラム「Cybozu Asia Partnership Program」を制定したと発表した。2017年までに、アジア地域1000社へのクラウドサービス「kintone」導入を目標としている。  サイボウズは2011年にkintoneをリリース後、国内だけでなく中国での展開にも注力してきた。中国での販売事業は100%子会社「サイボウズ中国」が担っており、2年間で
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

Netmarks Indonesia 工業団地エリアのサポートを強化

日本ユニシスグループの現地法人Netmarks Indonesia(ジャカルタ、Darmawan Boedi Soetrisno)は、12月にMM2100サポートオフィスの営業を開始することを明らかにした。 オフィスや工場などのITインフラおよびネットワークインフラの販売・構築・保守サポートなどのITサービスを展開しているNetmarks Indonesiaは、サポートサービスを強化するため、今回MM2100サポートオフィスの開設に踏み出した。 既に工業団地付近にはチカランとカラワンにもサービ
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

高市総務大臣、インドネシア通信情報大臣と会談

総務省は9月17日、高市早苗総務大臣が、来日したインドネシア共和国ルディアンタラ通信情報大臣と会談を行い、ICT分野における両国間の協力を一層推進していくことを確認したと発表した。両大臣はデジタル・デバイド(情報格差)解消、防災ICT、電子政府、放送、サイバーセキュリティ、5Gや電波監視などの新しい技術・サービス、郵便等のICT分野における両国間の協力を一層推進していくことを確認。この会談を受け、総務省とインドネシア通信情報省との間で、情報通信分野における協力関係の更なる強化に資するため、同分野
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:

NEC、インドネシア情報通信省傘下のId-SIRTII/CCとサイバーセキュリティ領域で協力

「日本電気」(=NEC、東京都港区、遠藤信博社長)は9月24日、インドネシア情報通信省傘下で同国のサイバーセキュリティの中核を担う「Id-SIRTII/CC」(アイディーサーティー)とサイバーセキュリティ領域で覚書を取り交わしたと発表した。 政府機関の情報システムを常時監視するセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)のリファレンスモデル(ひな形)の仕様作成、SOC運用に必要な人材育成プランの作成に取り組む。さらに両者は、インドネシアにおいて増大するサイバー攻撃への対抗策の共同開発の可能
post in インドネシアの日系企業ニュース Tagged:,

CIMBニアガ、バーチャル・クレジットカードのサービス始動

インドネシアの銀行CIMBニアガは、クレジットカード大手の米マスターカードと連携し、オンライン支払いサービス「オクトペイ・バーチャル・クレジットカード」を市場に投入した。オクトペイでは、利用者はクレジットカードの現物を持たずに、オンライン決済を行うことができる。22日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 CIMBニアガのティゴール・シアハーン頭取は、「オクトペイはインドネシアにおけるオンラインショッピングの拡大を受けて導入した」と説明。「こうしたトレンドは今後も継続し、ショッピ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

バジャイにも配車アプリが登場

陸上運輸協会オルガンダのジャカルタ支部は三輪タクシー・バジャイをスマートフォンのアプリで配車するサービスを近く正式に始める。10日付けの英字紙ジャカルタポスト電子版が伝えた。オルガンダのシヌガン会長によると、当初は7千台のバジャイでサービスを開始する予定。配車サービスに興味を持っている運転手はたくさんいるが、新しいテクノロジーに疎い人が多く、事業開始前にトレーニングする必要があるとも述べた。このため、オルガンダでは9月のサービス開始を計画していたが、運転手へのIT教育を優先するために開始時期を1
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news