Archives : ATM

ATM強盗のペルー人 逮捕される

バリ島のデンパサール警察は、バリ島とスラバヤで現金自動預け払い機(ATM)から多額の現金を盗んだ疑いで3人のペルー人を逮捕した。警察は、3人が国際的な犯罪シンジケートに加わっていたものとみて捜査を進めている。3人は犯行後に逃走を続けていたが、ジャカルタと東ジャワ州シドアルジョで別々に逮捕された。 デンパサール警察によると、3人は昨年11月28日に、デンパサール市内のコンビニ内のATMから1億1750万ルピアを盗んだ。夜間で人通りが少ない時を狙ってコンビニの入り口のガラスを割り、店内に侵入してい
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ATMを不正操作 19億ルピアを引き出す

ジャカルタ特別州警察は現金自動預け払い機(ATM)を不正に操作して、自らの銀行口座から預金残高を減らすことなく、19億ルピアを引き出した容疑で元IT企業勤務の無職の男(43)を逮捕した。 警察によると、犯行手口は極めて巧妙であったとのこと。犯人は取り調べに対し、8月に西ジャカルタのチェンカランのコンビニ内のATMで現金を引き出したことを含め、数度にわたって現金を引き出したことを認めている。韓国ヒョースン財閥系の企業が製造したATMを狙って犯行を繰り返していた。現金を取り出す際に、取り出し口のセ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

BRIのATM 1パーセントにシステム障害

国営のPTバンク・ラクヤット・インドネシア(BRI)は、2015年にシステム障害が発生したATMが227台あったことを明らかにした。これは全体の1パーセント程度であるという。システム障害の原因として、老朽化だけでなく、部品の調達遅延や停電によるネットワークシステムの問題、ATM内の現金不足などが挙げられている。アスマウィ・シャム頭取は、「弊社のATMは全体の99パーセントしか正常に機能していなかった。」と認めながら「しかし、他の銀行のATMの稼働率は96パーセントから97パーセントである。それに
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

Find Another news