Archives : 3イン1

ジャカルタ渋滞対策 交通整理の警官を増員

 首都ジャカルタの大通りで朝夕の混雑時に実施されていた3イン1車両乗り入れ規制が16日から正式に廃止されたことに伴い、激しくなる一方の渋滞を緩和するために、州政府は交通整理の警官の数を増員することを決めた。16日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  これまで943人の警官が交通整理にあたっていたが、今後この数を1500人にまで増員する。州交通局のアンディリ局長は、街中でUターン場所などに立って”自主的”に交通整理をしている人々が今後は必要がなくなるとコメントした上で、交通局に
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

3イン1規制解除後 バイク排除と無料バス検討

5月15日まで延長が決まったジャカルタ特別州での3イン1規制解除。恒久的な規制解除を目指すバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は、規制解除後のバイク乗り入れを禁止する代わりに無料バスの提供を検討していることを明らかにした。19日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。知事は「バイクの収容スペースとバスの台数について、しっかり試算する必要がある」とし、タムリン通りとスディルマン通りに大型駐輪場を設け、そこにバス停を設置する計画についても言及している。またマイカー利用者に関して
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

ジャカルタ州政府、3イン1規制解除を1ヶ月延長

ジャカルタ特別州政府は14日、4月5日から約1週間実施した3イン1規制解除についてジャカルタ州警察と今後の対応を協議し、同規制解除を5月15日まで1ヶ月間延長することを決定した。15日付英字紙ジャカルタポストが伝えた。バスキ・チャハヤ・プルナマ知事は同規制は渋滞緩和の効果が小さいとして恒久的に規制を解除したい意向だが、州警察は州政府が効果的な代替案の実施を決めない限りは規制を継続したいと主張。州政府側は規制解除には警察の協力が欠かせないことから当面渋滞緩和の効果について規制を解除し検証を続けるこ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

3イン1は必要、警察が継続を希望

首都ジャカルタで今月5日から13日にかけて行われた交通規制3イン1の一時的な撤廃について、ジャカルタ州警察は同規制は交通渋滞の緩和に役立っているとして継続を希望するとのコメントを出している。13日付英字紙ジャカルタポスト電子版が伝えた。人数合わせのために道端に立ってお金をもらって車に同乗するいわゆるジョッキーが子供を使って小銭稼ぎをしていることをバスキ・チャハヤ・プルナマ州知事が問題視したことから、3イン1規制を廃止した場合の影響を確かめるために一週間に限り一時撤廃措置がとられた。警察がまとめた
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news