Archives : 鳥インフル

鳥インフル根絶 一層の努力が必要と専門家

 ジャカルタの伝統的な市場でサンプリングした養鶏のうち約40%が、高い確率で鳥インフルエンザに感染している可能性があると、17日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  調査は政府と国連食糧農業機関インドネシア当局が共同で行ったもの。鳥インフルエンザのおもな感染は、市場などへの輸送中に起こっていることも調査で明らかとなった。  インドネシア政府は2020年までの鳥インフルエンザ撲滅を掲げているが、当局担当者は「政府は今後4年間、問題解決に向け金銭的投資を含めたより一層の努力が必
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

鳥インフル流行防げ 州が取締り強化

ジャカルタ特別州は、鳥インフルエンザの流行を防ごうと対策に乗り出している。24日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。首都では21日、南ジャカルタのチランダックで死亡した鶏のうち約20羽がインフルエンザウイルスに感染していたことが判明。州はすぐさま適切な殺処分を行い、24日段階で人間への感染は報告されていないが、北ジャカルタと東ジャカルタでは当局が住宅の抜き打ち調査を実施した。現在首都では住宅での鳥類の養殖は禁止されているが、実際には飼育している家庭も存在する。東ジャカルタの担当者
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:

鳥インフル流行阻止のため養鶏場を移転

南ジャカルタで鳥インフルエンザの発症が確認されたのを受けて、ジャカルタ州政府は州内の養鶏場や鶏の""と殺""場の閉鎖と移転を決定した。22日付英字紙ジャカルタポストが報じた。鳥インフルエンザの発生が確認された後、州政府はチランダックで鶏を数十羽と殺処分にした。バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は21日、鶏インフルエンザ(H5N1ウィルス)が流行する前に養鶏場と""と殺""場を移転するよう指示したと述べた。アホック氏は「2017年までには全て移転するように指示した。」と説明。同氏は施設
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news