Archives : 鳥インフルエンザ

イ政府 鳥インフルエンザ流行を警戒

中国で鳥インフルエンザ(H7N9)感染者数が増加し死者も発生しているという報告を受け、インドネシア政府は国内での鳥インフルエンザの感染拡大に対して警戒を強めている。 インドネシアで鳥インフルエンザ感染が最初に認められたのは2005年で、ウィルスのタイプはH5N1型だった。2006年には55人への感染が確認され、そのうち45人が死亡した。また、この同時期には人から人への感染も疑われた。その後、鳥インフルエンザの感染者数は減少に転じたが、2015年にはバンテン州タンゲランで大人と子供それぞれ1人ず
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

首都で鶏116羽死亡 鳥インフル感染確認

東ジャカルタのチラカス地区で5月31日、家畜の鶏116羽が死亡。うち2羽からは鳥インフルエンザの感染が確認された。2日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ジャカルタ特別州当局は1日に現地を訪問。鳥インフルエンザの感染が確認された鶏小屋を解体し残りの家畜を処分すると共に、半径500メートル範囲内でバイオセキュリティ措置を実施したと発表した。現段階で人への感染は報告されていないが、州当局は周辺住民に無料の検査を受診するよう呼びかけている。 事件は31日朝、鶏の大量死を発見したオ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news