Archives : 養鶏施設

自爆テロの容疑者 犯行まで養鶏施設に半年潜伏

中部ジャワ州の警察はこのほど、7月5日にスラカルタ警察署を自爆攻撃したテロリストのヌル・ロフマン容疑者について、自爆テロを起こす前に6ヵ月にわたり同州クラテンの養鶏施設に潜伏していたとの捜査結果を明らかにした。25日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 警察は、ヌル容疑者が養鶏施設に隠れている間に、スラカルタ警察署の襲撃計画を練っていたとみている。地元警察のパルモ署長は「ヌル容疑者は地元住民の保有する養鶏施設で働いていた。警察は、ヌル容疑者が自爆テロを実行するまで、彼が6ヵ月も
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news