Archives : 電線

小4 男児 水田のあぜ道で感電死 スマラン

中部ジャワ州スマラン県にある水田のあぜ道で12日朝、男児が死亡しているのが発見された。現地警察によると、最初は身元確認が取れなかったが、服装の特徴などから、男児は同州サラディガ市カウマン・キンドゥルに住む小学4年生のセノ・ワヒュー・グナワン君(10)と判明。 現場検証によるとセノ君は、街路灯の垂れ下がった電線に感電したものとみられている。医療チームも検死報告書でセノ君の右手や肩の左側に火傷の跡があったとし、感電による事故死という見方が強まっている。しかしなぜセノ君が現場にいたのかは今も分かって
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

大量の電線が排水溝に 盗難の可能性 ジャカルタ

大統領官邸周辺の排水溝で大量の電線が発見された。3月3日、バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事との会議のため、市庁舎に訪れていたジャカルタ警視庁刑事部犯罪捜査課長のムジヨノ氏が明らかにした。インドネシア国営電力会社、PT. Telkom、ジャカルタ特別州水道局の立会いの元、水量を調節しながら、深水2メートルまで行われた調査により、23台のトラック分にも上る電線が捨てられていることがわかった。その他にも鉄製ののこぎり2つ、ウェアラブルカメラ15個、鉄梃1つ、ビニールシート3枚、短パン、下
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news