Archives : 銃撃

学生が男に撃たれ重傷 西ジャカルタ

国有電力技術高等学校の生徒バユ・アンガデカ・プトラさん(20)が8日、西ジャカルタのハジ・マリ通りで見知らぬ男に銃撃され、今も病院で集中治療を受けている。 地元警察によると、バユさんは背中の右側を撃たれ重傷を負い、付近の住民らによって病院へ搬送された。事件当時、バユさんは道端で男と言い争いをしていた。その後、男が銃を取りだしバユさんに向けて発砲し、そのまま逃亡したという。 警察はその後の現場検証で男が残していった2丁の銃を押収した。銃を持っていた男は犯罪組織の強盗とみられ、警察は今も男の行方
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

猿を狙ったはずが・・従兄を射殺 男を逮捕

バリ州ブレレン県で1月27日、ワヤン・スアルチャさん(49)が、ニュンクルット容疑者(36)に撃たれ死亡した。 現地警察によると、ニュンクルット容疑者は友人らと木炭を探すために朝から外出。途中、木の上にいる猿を見つけ捕まえようと、持っていたエアライフルを木の枝に定め、猿を狙って銃撃した。同時に何かが木から落ちる音がして近寄ってみると猿ではなく、自分の従兄だったという。ニュンクルット容疑者はパニックになり何とか助けようとしたが、従兄は後頭部から血を流しすでに動かなくなっていた。ニュルンクット容疑
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

警察が麻薬密売人を銃撃 マカッサル

マカッサルにあるボントアラ警察犯罪捜査官が麻薬密売人のヘルマン・アリアス・ジャック容疑者(39)を銃撃した。容疑者は自宅付近で逮捕されかけた際に警察に抵抗する為に他の住民にも家から出て彼を援護するよう指示したが、状況が劣勢と感じ、犯罪捜査官トップのラムリ監査役の応援を要請したボントアラ警察の対応を見て、住民たちは最終的には援護を諦めた。ラムリ氏は「ジャック容疑者は密売人のボスで長い間指名手配されていた。警察は空に向かって銃を3発撃ち警告したが、その警告を無視して逃走しようとしたので右ふくらはぎを
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

テロリストとみられる2人死亡、警察・軍との銃撃戦で

中部スラウェシ州ポソで15日、東インドネシア・ムジャヒディン(MIT)のメンバーとみられる2人と、軍と警察が銃撃戦を行った。これにより、テロリストとみられる2人が死亡した。16日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 中部スラウェシ州警察のルディ・スファリアディ署長は、銃撃戦によりテロリストとみられる2人が死亡したことは認めたが、この2人の詳細については明らかにしていない。 銃撃戦は15日午前7時ごろ、ロレピオレの山岳地帯で起きたという。軍と警察の職員がMITのメンバー4人が下
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

Find Another news