Archives : 遺体

赤ちゃんの遺体発見 埋葬用の15万ルピアと共に

東ジャワ州スラバヤ市の共同墓地で3月28日、プラスチックの袋に入った赤ちゃんの遺体が発見された。赤ちゃんの遺体と共に、埋葬用の道具一式と手紙、現金15万ルピアが添えられていた。 手紙は2枚のメモ用紙で、現金は墓地管理人へ赤ちゃんの埋葬費用だと説明書きがあった。手紙には「墓地管理人の方へ。この赤ちゃんをどうか埋葬してください。名前は、アシファ・ザラです。2017年3月26日に生まれました。埋葬のためのお金も預けます。どうぞよろしくお願い致します。」と書かれてあったという。 赤ちゃんの性別は女の
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

男性が川で乳児の遺体発見 母親を捜索中

東ジャワ州ガウィ県クタングン村で2月18日、20歳の男性が用を足そうと家の裏にある川へ降りたところ、すでに腐敗した乳児の遺体を発見した。男性はすぐに家族を呼び、警察へ通報した。 現地警察広報部によると、乳児の遺体は女の子とみられ身長は約60センチメートル、へその緒もついたままだった。さらに皮膚は剥がれ、左右の首に痣があったという。 保険センターの医師は、その外傷から2、3日の間、遺体は川に浮いていたと診断した。その後、詳しい検査を受けるため乳児の遺体は病院へ移され、検死解剖が行われた。警察は
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

シンガポール人男性の遺体発見 リアウ諸島州

リアウ諸島州の海でこのほど、シンガポール人男性の遺体が見つかった。カムリン警察のサハタ・シトラス氏は「地元の漁師が12月23日にシンガポール人男性の遺体を発見した。男性の遺体はその後に、ムハンマド・サニ総合病院に運ばれ、検死された」と説明している。 遺体はカムリン沖の海中で見つかった。一方、これまでに死因は明らかになっていないという。 亡くなった男性は黒のズボンと白いシャツを身につけていたほか、IDカードも見つかった。IDカードには「イルザム・ビン・オーディット」という氏名、「1963年9月
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ブン・カルノ競技場で韓国人が死亡

中央ジャカルタのブン・カルノ競技場の第12番ゲート付近で11月25日早朝、韓国籍の男性が死亡しているのが発見された。男性の名はキム・ジンハムで年齢は45歳。競技場の4階から飛び降り自殺を図った疑いがある。 遺体は午前5時半頃に清掃員のアリス・スヨノさんが発見した。スヨノさんは同僚を呼び、死亡しているのが清掃員仲間かどうかを確かめた。その後、スヨノさんらは遺体の男性が外国人であることを確認した後、午前10時頃に警察に通報した。 警察が現場付近を調べたところ、競技場の4階で靴1足、たばこ1箱、一
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

消火活動中に兵士が行方不明、遺体で見つかる リアウ州

スマトラ島のリアウ州で発生した森林火災の消火活動を行っていた、26歳のインドネシア軍の兵士が一時的に行方不明となったが、数日後に遺体で発見された。8月23日および24日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 この兵士は消火活動中に行方がわからなくなり、4日経っても見つからず、軍、警察、地元住民からなる捜索隊が捜索を行っていた。携帯電話の信号を追跡するなど、通常の捜索とは異なる手法での捜索に加え、兵士が行方不明になったのは火災によって邪魔をされた精霊によるものだと信じる住民が多かっ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

バリ島クタビーチ 警察官の死体見つかる

バリ島最大の繁華街、クタビーチで地元警察官が遺体で発見された。18日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 死亡が確認されたのは、地元警察の交通当局に勤務していた男性。同日午後3時頃に近隣ホテルの警備員が発見した際、頭や首などに殴られたような傷が多数あったという。死亡した男性は警察官のユニフォームを着用したままで、すぐ近くではトランシーバーも発見された。 警察の調べによると、現場近くでは壊れたビール瓶やサーフボードが見つかっており、凶器として用いられたものとみられている。18日
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

川岸で乳児の遺体発見 北ジャカルタ

北ジャカルタにあるスンテル川のほとりで7月24日午前9時頃、乳児の遺体が発見された。発見したのは近所に住む日雇い労働者のユスフ・スプリヤディさん。北ジャカルタ警察コンポル・スンコノ広報部長によると、発見当時、乳児は上半身が泡で包まれており、へその緒も付いたままうつぶせの状態ですでに死亡していた。この乳児は女の子で、検死のために病院へ搬送されており、当局は目撃情報を収集しているという。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

胎児の遺体が発見される 北ジャカルタ

4月18日13時頃、中央ジャカルタのジョハールバルにあるラワ村で胎児の遺体が見つかった。胎児の性別は男の子だった。中央ジャカルタ警察のスヤトノ氏が明らかにした。第一発見者は、清掃員のナシリンさんとカウディンさんで、清掃中に胎児が溝に浮かんでいたところを発見したという。2人は遺体発見後すぐに周辺に住む住人に伝え、その後、警察に通知した。ジョハールバル警察捜査課のヨッシー・ジャヌアール氏によると、胎児を遺棄した容疑者はまだ見つからないということだ。ヨッシー氏は、「犯人は、おそらく中絶した後、遺体を遺
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news