Archives : 警察官

警察官が検問突破の一般車に発砲 1人死亡

南スマトラ州ルブックリンガウ市で4月18日、一般車が検問で停止せず猛スピードで走り抜けたとしてパトカーが追跡した。車はその後も約2キロメートル走行し、警察の威嚇射撃を無視。そのため警察が発砲し、ようやく停止した。車内には帰省中の家族7人が乗っており、祖母のスルニさん(55)が死亡。孫のウィカクソノちゃん(3)は左耳に銃弾のかすり傷を負い、その他の重傷を負った家族らと共に病院へ搬送された。 車を停止しなかった理由について運転手のディキさん(29)は、免許証不携帯で自動車税も支払っていなかったため
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

薬物取締りの警察官が死亡 薬物使用の疑い

ジャカルタ特別州警察は、薬物の取締りの任務にあたっていた警察官が、1月21日に薬物を使用してホテルで死亡した事件があったことを明らかにし、この警察官の検死解剖を行うことにしたと発表した。 警察官の名はロリー・プルナマ・イラワン氏で、西ジャカルタのフェオドラ・ホテルで遺体で見つかった。警察によるとイラワン氏は薬物取引の実態を解明するために潜伏捜査を行っていた。イラワン氏は同日、女性と一緒にホテルに宿泊したとのことで、この女性によると、イラワン氏は幻覚剤エクスタシー4錠を飲んだ後、覚せい剤メタンフ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

外国人観光客が警官を殺害 バリ

バリ州で警察官が外国人に殺害される事件が2件発生した。 殺されたのは北クタ警察署の警察官である、アモクラネさんとアイプダ・ワヤン・スダルサさん。犯人はオーストラリアやイギリスからの観光客だった。この事件を受けて同州のパスティカ州知事は、地元の人々に観光で来る外国人に対して敵意を抱かないでほしいと呼びかけた。元地方警察本部長によると、海外からの観光客は年間で400万人、国内からは700万人に達するという。パスティカ州知事は「今回の事件に触発されず、今後もバリ州の観光業が盛んで、かつ安全であり続け
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

バリ島クタビーチ 警察官の死体見つかる

バリ島最大の繁華街、クタビーチで地元警察官が遺体で発見された。18日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 死亡が確認されたのは、地元警察の交通当局に勤務していた男性。同日午後3時頃に近隣ホテルの警備員が発見した際、頭や首などに殴られたような傷が多数あったという。死亡した男性は警察官のユニフォームを着用したままで、すぐ近くではトランシーバーも発見された。 警察の調べによると、現場近くでは壊れたビール瓶やサーフボードが見つかっており、凶器として用いられたものとみられている。18日
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

警察官がタイヤ修理の副業20年 マカッサル

マカッサルの警察官でありながら、約20年間もタイヤ修理の仕事をかけもっていた男がいる。「1979年に警察官になり、1991年にタイヤ修理を始めた。最初はアリマラカ通りで始めたが、強制撤去されたので2012年にアマナガッパ通りの裁判所の裏で再開した。タイヤ修理の仕事も大好きだ」と4人の子供を持つこの男は語る。 副業が警察官としての仕事を邪魔することはなく、警察の仕事がある時はタイヤ修理の仕事を別の人に頼んでいるという。元々はマカッサルの生活費が高いので副業を始めた。子供たちは反対しているが、彼は
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news