Archives : 誘拐事件

女子大生誘拐、容疑者を逮捕

インドネシア大学建築学部のサフィラ・プルマタ・サリさん(20)が誘拐され、身代金100万ドルを要求された事件で、ジャカルタ警察は21日夜、ギャングの男3人を逮捕した。男らの供述から、別の2人も犯行に関与していることがわかっており、警察は2人の行方を追うとともに、事件の背景を詳しく調べている。サフィラさんは警察に保護され無事。精神的にショックを受けているという。犯人グループは20日午前、南ジャカルタの自宅から西ジャワ・デポックの大学キャンパスへ向かうサフィラさんの車を尾行。途中、自分たちの車にぶつ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

Find Another news