Archives : 訴訟

偽ワクチンの被害者が提訴 東ジャカルタ

東ジャカルタのハラパン・ブンダ病院が乳児に偽のワクチンを投与していた事件で、子どもに偽ワクチンを投与されたムルリ・シラバンさん(37)が東ジャルタ地方裁判所に訴訟を起こした。同氏によると、偽ワクチンの種類やその購入経緯などのデータを公表せず病院の誠意も全く感じられないためだという。保健大臣によると偽ワクチンは2003年からすでに流通しており、当局の推測によると同病院は当時から偽ワクチンを使用していた可能性が高い。 「私たちの子どもに偽ワクチンを打っていないのなら、説明すれば良い。しかし、子ども
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news