Archives : 設備投資

国営すず会社ティマー、設備投資に1.2兆ルピア

インドネシアの国営すず大手ティマーは2016年の設備投資に最大1兆2000億ルピアを振り向ける方針だ。設備投資により、非すず部門の事業を伸ばすことで売上高を拡大したいとしている。12日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ティマーは設備投資の資金として、内部資金に加え、銀行からの融資を利用する見通しだ。 ティマーの幹部、アグン・ヌグロホ氏は「設備投資の多くはすず事業に充てられるが、一次産品価格の下落の影響から学び、われわれは同時に事業の多角化も推し進める方針だ。2015年の経
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

鉱業アンタム、16年の設備投資2兆ルピア

インドネシアの国営鉱業アネカ・タンバン(アンタム)は2016年、設備投資に計2兆ルピア(約1億4420万米ドル)を振り向ける方針だ。これにより優先3案件への資金投入を急ぐ意向という。6日付インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 アンタムの財務部長、ディマス・ウィカン・プラムドヒト氏は、「2016年には西カリマンタン州ムンパワのスメルターグレードアルミナ(SGA)プラント、北マルク州のアノードスライム工場などに資金を充当する」と説明した。 アンタムの14年の設備投資額は約2億米ドル
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

ジャサ・マルガ、16年の設備投資に16兆ルピア

インドネシアの国営有料道路会社ジャサ・マルガは2015年に、計16兆ルピア(約12億米ドル)を設備投資に振り向ける計画だ。 ジャサ・マルガのアディティヤワルマン社長は、「2019年までに実施する有料道路建設工事13案件に向けて総額40兆ルピアを費やす必要がある」と説明する。2016年の設備投資はこのうちの一部という。 2016年に振り分ける資金のうち30%ほどは内部資金、残り70%は銀行から融資で賄う見通し。 ジャサ・マルガは現在、2017年の完成が見込まれるジャワ島横断有料道路や、201
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:

Find Another news