Archives : 記念切手

2018年アジア競技大会に向け 記念切手を販売へ

54ヵ国が出場予定の2018年アジア競技大会の開催都市は、ジャカルタとパレンバン。これを受け、南スマトラ郵便株式会社は記念切手の販売を予定している。切手を販売することで、開催都市の宣伝になると小売ビジネス部の担当者であるロディ・イラワン氏は考えている。 ロディ氏は、「例えば、パレンバンの切手は市内の主要な観光地を絵柄にしようと検討中だ。南スマトラ州庁舎で開催された絵画フェスティバルに出展された絵なども参考にしている。商人の船が並ぶ河川敷の風景など、古き時代の様子を絵柄にするのも魅力的だと思う」
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news