Archives : 自爆テロ

テロリスト 刑期を終え釈放される チレボン

2011年3月に西ジャワ州チレボン市のモスクで自爆テロを起こしたとして収監されていたアリエフ・ブディマン・ビン・アクマルディン・サスタラ受刑者が6日、バトゥ・ヌサカムバンガン刑務所から出所した。 現地警察によると、同元受刑者は1970年6月18日生まれで東ジャカルタ出身。2003年に制定されたテロリズムに関する法律35番第9条に違反したとして7年間の禁錮刑が科せられていた。同元受刑者の釈放の際は、当局による厳重な措置が取られた。同元受刑者は所持品などを検査された後、家族に迎えられ出所したという
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

テロリストの両親 苦悩

メダンのカトリック教会で自爆テロを起こした18歳の容疑者の両親が、メダン警察に安置されている息子の遺体を見て哀しみに暮れている。 両親は8月30日、取り調べのためにメダン警察を訪れた。「私は法的代理人となり息子に犯行を促した真の犯人を逮捕するために真実を説明する。私はひとときも息子を忘れることができず、モスクで祈りを捧げながら帰らない息子を待ち続けている。昨晩も泣いて眠れなかった。息子は帰ってこない。帰ってこないから、自宅の門の鍵も閉めずに待っている」と哀しい顔つきで語った。 父親は、息子が
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news