Archives : 脱獄

女性を暴行・殺害の凶悪犯が脱獄 マカッサル

南スラウェシ州マカッサル市で7日早朝、死刑判決を受け服役していたイクバル受刑者(30)が刑務所から脱獄した。同受刑者は、殺人罪で共同室に収監されていた無期懲役の受刑者らと3人でノコギリを使い刑務所の鉄格子を切断し逃亡したという。 イクバル受刑者は2015年に30人の女性を暴行し、うち2人を殺害したとして”kolor ijo”(緑の短いズボンを履いたインドネシアのお化け)の異名をとり当時の市民らを震撼させた。 翌年の裁判で死刑判決が下り、マカッサルにある刑務所に収監され死刑の執行を待っていた。警
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

受刑者の集団脱獄、半数近くを逮捕 スマトラ

5日、スマトラ島リアウ州のプカンバルにある拘置所から400人以上の受刑者が集団で脱獄した事件で、警察はおよそ半数近くの脱獄者を逮捕した。ただ、ヤソンナ法務人権大臣によると、7日の時点で未だ179人が見つかっていない。同大臣は脱獄者に対して、「警察に追われるよりも、(脱獄者が)自分の意思で戻ってくることを期待している。脱獄したことによる法的処罰は加えない」とコメントした。 同拘置所には、公判中の容疑者なども拘留されていた。ヤソンナ大臣によると、この集団脱獄はインドネシアで史上最大規模となった。ま
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

受刑者3人脱獄 バンドン

西ジャワ州バンドン市のウジュン・ブルン刑務所から12月24日午後7時頃、受刑者3人が脱獄した。脱獄したのは、強盗の罪で服役していたディカ(26)、アーマド・ファディル(20)と18歳の少年の3受刑者。 ヘンドロ刑務所長は25日、「受刑者は警備員の首を絞め暴行して脱獄した」とコメントした。手口は警備員に水を飲みたいと助けを求めるふりをし、水が渡されたところで共謀して警備員に暴行。警備員が力尽きると、独房のカギを奪い脱獄した。暴行された52歳の警備員は体中を負傷していた。 同所長はこの3受刑者の
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

二度あることは三度ある?東ジャカルタで脱獄

東ジャカルタにあるサレンバ刑務所で、この3年間に3度も囚人が脱獄に成功していることから、同刑務所の警備体制に疑問が呈されている。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 6月24日に終身刑を言い渡されこの刑務所に収監されたばかりの囚人アンワル・ビン・キマンが5日、脱獄に成功。司法人権省の広報官によると、同刑務所では刑務官の数よりも多くの面会者が来ることから警備に問題がある可能性があるとのこと。 アンワルが脱獄したのはレバラン休暇の最中で、2000人を越える家族が面会に訪れて
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news