Archives : 罰金

交通違反の罰金 オンラインでの支払い開始

インドネシア警察は16日、交通に関する社会サービスを簡易化する3種類のオンラインアプリケーションを一挙に配布開始した。交通違反切符をオンライン化したアプリ、電子免許証、電子車検証の3種類である。 ティト国家警察署長は、これらの画期的なアプリによって交通警察に対する賄賂の習慣が根絶され、市民の警察への信頼が回復することを期待していると述べた。またティト署長によると、アプリ立ち上げに至った経緯は、従来インドネシアでの交通違反は犯罪として刑事司法制度によって裁かれるため手続きが大変複雑であり、シンガ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

バス専用レーン進入の罰則を厳格化 ジャカルタ

バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は10日、トランスジャカルタのバス専用レーンへの一般車両進入を防ぐため、13日からの罰則の厳格化を発表した。これにより、違反者は青色チケットを切られ、最大50万ルピアの罰金を銀行振込で支払うことになった。その義務を怠ると車両登録番号証(STNK)の更新ができなくなる。 アホック知事は、10日、救急車や消防車などの緊急車両が渋滞に巻き込まれることを防ぎたいとの思いを述べ、渋滞だからといって一般車両に特別な配慮をすることはせず、きちんと取り締まりをして
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

ポイ捨ては許さない! ジャカルタで罰金5百万ルピア?!

 ジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は、よりクリーンな街を目指し、ゴミをポイ捨てした者には最高5百万ルピア(約366米ドル)の罰金を課すと首都住民に警告している。5月20日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  現状ポイ捨てで捕まった者は、地方裁判所にて5~10万ルピアの罰金を科されることになっているが、その額では抑止力として不十分と知事は指摘。裁判所に対し、罰金を最高500万ルピアに変更するよう指示を出したという。これは川にゴミを不法投棄した場合
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

Find Another news