Archives : 絶滅危惧種

絶滅危惧種のジャワサイ、昨年は赤ちゃん7頭が生まれる

ジャワ島西端にあるウジュン・クロン国立公園で昨年、個体数の減少が続くジャワサイの赤ちゃん7頭が生まれているのが確認され、絶滅を免れるのではないかと期待が高まっている。22日付英字紙ジャカルタポストが伝えた。一年間に生まれるジャワサイの赤ちゃんの数は通常は5頭未満であるため、7頭が同じ年に生まれるのは極めて珍しいとのこと。この7頭をあわせて現在63頭のジャワサイが同公園内に生息している。ジャワサイはかつては数千頭が東南アジアに生息したものの、密漁のために急速に数が減少。特に角が薬の原料として使われ
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

Find Another news