Archives : 約40%

鳥インフル根絶 一層の努力が必要と専門家

 ジャカルタの伝統的な市場でサンプリングした養鶏のうち約40%が、高い確率で鳥インフルエンザに感染している可能性があると、17日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  調査は政府と国連食糧農業機関インドネシア当局が共同で行ったもの。鳥インフルエンザのおもな感染は、市場などへの輸送中に起こっていることも調査で明らかとなった。  インドネシア政府は2020年までの鳥インフルエンザ撲滅を掲げているが、当局担当者は「政府は今後4年間、問題解決に向け金銭的投資を含めたより一層の努力が必
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news