Archives : 米大使館

米大使館がジャカルタの大気汚染をモニタリング「そんなにひどくない」

 駐インドネシア米国大使館は南ジャカルタと中央ジャカルタの同館の建物に大気汚染の状況を観測する装置を設置し、首都の大気のモニタリングを始めた。18日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  この装置により大気中のPM2.5粒子の数を1時間ごとにカウントできる。大気汚染の程度は数値で表され、健康に与える影響の指標となる。この数値が0~50であれば全く問題無いが、50を越えると徐々に健康への影響が現れ、150以上になるとほとんどの人が不健康と感じるレベルになる。  米大使館の装置に
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news