Archives : 第3ターミナル

スカルノ・ハッタ国際空港、第3ターミナルが5月1日に開設

インドネシアのバンテン州タンゲランにあるスカルノ・ハッタ国際空港の第3ターミナルが5月1日に開業する。国営ガルーダ・インドネシア航空が新ターミナルを活用することになるという。 ガルーダのために第3ターミナルでは6つのゲートが用意される見通しだ。まず同社の午前6時10分のシンガポール行きの便は第2ターミナルから第3ターミナルに変更となる。ガルーダのすべての国際線が第3ターミナルに移動するのは、工事の進捗に合わせて7月か8月になるとみられている。 第3ターミナルは計65の入国審査カウンターや30
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

天井が一部崩落 スカルノハッタ国際空港

バンテン州タンゲランのスカルノハッタ国際空港の第3ターミナルの到着ロビーで15日、天井の一部が崩落した。空港を運営する国営アンカサプラIIによると、この事故の影響によるフライトの遅延は生じなかったとのこと。 崩落は午前10時頃、救護室の近くで突然起こった。同社は直ちに瓦礫や破片が散乱しているエリア一帯を立ち入り禁止にし、清掃を行いつつ、乗客やその他の利用客らに陳謝した。同社とこの場所の建設を行い現在も管理を続けている国営建設会社のウィジャヤ・カルヤなどが作るコンソーシアムが事故の原因について調
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

スカルノ・ハッタ空港 新ターミナルで浸水騒ぎ

8月9日にオープンしたばかりのスカルノ・ハッタ国際空港の第3ターミナルで14日、豪雨により雨水が溢れ出し、ターミナルの出入口周辺が浸水した。15日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 空港の運営に大きな支障は無かったものの、利用者からは大いに不満の声があがった。空港運営会社のアンカサプラIIによると、第3ターミナルではまだ一部で工事が続いており、ここから出たゴミのために排水溝が詰まっていたとのこと。午後4時ごろに起こった浸水は、約1時間後には解消した。第3ターミナルで離着陸を行
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

第3ターミナル開業 スカルノハッタ空港

国営空港管理第2アンカサプラ(AP II)は、スカルノハッタ空港の第3ターミナルの営業を8月9日から開始した。同日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 AP IIの担当者は3日、「現在は国営ガルーダ・インドネシア航空などと最終確認を取っている状態。第3ターミナルが完成すれば、過密だったフライトの分散ができ、サービスと利便性の向上につながるだろう」と記者団に対し語った。 またガルーダ・インドネシア航空コーポレートコミュニケーション当局は「開業直後は国内便のみだが、将来的には国際
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news