Archives : 立ち退き

違法屋台20軒を一斉撤去 中央ジャカルタ

中央ジャカルタ・ジョハールバルで11月23日、行政による一斉立ち退きが行われた。立ち退きを命じられたのは、20軒に上る売店と屋台の所有者たち。 ヤッシン・パサリブ区長は「以前から書面で警告し広報活動をしていたが、一向に立ち退く気配がなかったため行政による一斉撤去に踏み切った。その理由は、対象の売店や屋台が排水溝の上に店を構えているからだ」と語った。 この撤去において、当局は25人の地方自治警察と州清掃局の清掃員を動員。安全を第一に順調に作業は行われ、撤去後は清掃員たちにより排水溝も清掃された
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

マンガ・ブサールで住民が立ち退き強制に抗議

ジャカルタ中華街近くのマンガ・ブサールV通り付近に住む中国系インドネシア人らが強制的な立ち退きに抗議を続けている。8月23日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 この立ち退きは実業家のデーパク・ルポ・チュガニ氏の要請によるもので、西ジャカルタ市当局の協力を得て、自治体行政警察隊(Satpol PP)が家の解体を行ったりしている。この地域の3190平方メートルの土地は1969年に中央ジャカルタのハルモニで行われたオークションでチュガニ氏が落札して手にしたもので、所有権はチュガニ氏
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news