Archives : 税金

タックス・アムネスティ、中小企業の参加が拡大

インドネシア税務総局はこのほど、10月にこれまでよりも多くの中小企業が租税恩赦(タックス・アムネスティ)プログラムへの参画を開始したと明らかにした。 10月26日までに税務当局に提出されたタックス・アムネスティ・プログラム利用に向けた申請書の件数は3万1513件に上った。こうした中で、これまで以上に中小企業の申請が目立ったという。 税務当局はさらに、中小企業の参加を促すために、中小企業に特化したサービスを提供していく意向だ。
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

「イはタックス・アムネスティに続く税制改革が必須」=OECDが助言

インドネシア政府が税金恩赦(タックス・アムネスティ)プログラムを推し進める中、経済協力開発機構(OECD)は同国に対してさらなる税制改革を進めるよう促している。 ダルミン・ナスション経済調整相は、「OECDは、歳入が限られることによりインドネシアの政府支出が低水準であることに関して懸念している。また他国と比較したインドネシアの税率の低さがインドネシアの構造的財務問題になっているとして、インドネシアに対して税制改革を推し進めるよう助言している」と説明。また「OECDは我が国がタックス・アムネステ
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

タックス・アムネスティ、2期に向け国民の関心喚起へ

インドネシア政府は、税金恩赦(タックス・アムネスティ)プログラムの第2期の実施を前に、同プログラムに対する国民の関心をさらに高めたい考えだ。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が10月15日付で報じた。 インドネシア税務当局の広報を務めるヘストゥ・ヨガ・サクサマ氏は「9月30日に終了したプログラムの第1期では、参加者は登録されている個人納税者2000万人の2%に過ぎない42万人にとどまっており、税務当局はこの結果に満足していない」と説明している。 財務省のまとめでは、2016年1月以降、
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

タックス・アムネスティ、10月までに142兆ルピアの還流資産確保

インドネシアの税務当局はこのほど、税金恩赦(タックス・アムネスティ)プログラムにより、同プログラムを始めた7月から10月7日までに計142兆ルピア(訳109億2000万米ドル)の還流資産を徴収した上、計97兆3000億ルピアの税収があったと発表した。インドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が7日付で報じた。 インドネシア中央銀行(BI)は先に、還流資産について、推定で180兆ルピアに達するとの見通しを示していた。これまでに徴収した還流資産はこの金額の78.88%に当たる。 また、インドネシア
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

1ヵ月だけ税滞納の延滞金を免除

ジャカルタ特別州で未払いの税金の納税を促すことを目的に、一定期間だけ延滞金の支払いを免除する試みが実施されている。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 実施期間は7月2日から8月2日までの1ヵ月間で、自動車税(PKB)と自動車の所有者を変更する際の自動車名義変更税(BBNKB)の2つの税が対象となっている。ジャカルタ税務署のアグス・バンバン・スティヨウィドド署長は、州の税収を増やすことを目的にしていると述べた上で、未納の車両税等を是非この機会に支払ってほしいと述べている。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

外資系企業の税滞納額 10年間で75億ドル

過去10年間、インドネシア国内で営業する2000以上の外資系企業が、しかるべき税金を納めていない。バンバン・ブロジョネゴロ財務大臣の言葉を引用し、24日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。企業側が経営状態の悪化などを理由に避けてきた滞納税額の合計は、少なく見積もっても100兆ルピア(約75億米ドル)に達するという。財務相は同日「多くの企業はルールを遵守しておらず、現在の状態は税金詐欺と言っても過言ではない。早急に解決する必要がある」と大統領官邸で語った。政府は今後、税務署と金融取
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:, ,

Find Another news