Archives : 知事選挙

知事選、一部の投票所で不正発覚 再投票実施される

2月15日に実施されたジャカルタ特別州知事選挙で、開票後に一部の投票所で不正が発覚し、選挙委員会の監督のもと再投票が行われた。若干名が本人以外の投票用紙を利用して代理投票および二重投票をしていたとのこと。 19日に再投票が行われたのは、中央ジャカルタのウタン・パンジャン地区と南ジャカルタのカリバタ地区の2ヵ所。いずれの投票所も再選挙の結果はアニス氏の勝利となった。ウタン・パンジャン地区の投票所では、15日には601人の有権者のうち442人が投票に参加したが、19日の再投票に参加したのはわずか2
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

知事選、アホック氏が最多票も過半数届かず 4月に決選へ

2月15日に行われたジャカルタ特別州知事選挙の開票速報にジャカルタ中の有権者が一喜一憂した。 15日は祝日とされ、およそ78%の市民が投票に参加したが、一部の地域で不正が報告され、選挙監視庁によって後日再投票が行われたため、開票結果は一部流動的ではあるものの、バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)現職知事ペアが約43%の最多票を獲得、次いでアニス元教育文化相の知事が約40%、ユドヨノ前大統領の長男アグス氏ペアは約17%と低迷した。 いずれのペアも得票数が過半数に達しなかったため、4月19
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

州知事選、アホック氏が最有力候補か 公開討論会で実力発揮

2月15日のジャカルタ特別州知事選挙を控え、1月13日に第一回公開討論会、27日に第2回公開討論会が行われた。現在、現職のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)氏、ユドヨノ元大統領の長男アグス・ユドヨノ氏、アニス・バスウェダン元教育相の3名が知事選に立候補しており、それぞれ副知事候補とペアで選挙活動を行っている。 SMRCという調査機関が行った世論調査によると、初回討論会後に最も支持率が高かったのはアホックペアで44%、次いでアニスペア27%、アグスペア17%との結果。当調査は、ランダムに
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック氏、闘争民主党から出馬?

2017年に行われる予定のジャカルタ州知事選挙で、無所属独立候補として立候補する予定のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)現職知事が、闘争民主党(PDI-P)の公認を得ることを検討していると、2月27日付けの英字紙ジャカルタポストが報じた。独立候補として立候補するためには住民の6.5%に相当する53万2千人の署名を集めなければならないが、アホック氏の支援グループ「アホックの友人(Teman Ahok)」は既に73万人以上の署名を集めているため、アホック氏は独立候補として出馬することが既に可
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ジャカルタ知事選に2候補が名乗り

首都ジャカルタで20日にかけての週末、現職のアホック知事の他に2人が2017年に予定される知事選への立候補を正式に表明した。一人目は中部スラウェシ州出身で元青年スポーツ省大臣のアディアクサ・ダウルト氏(52)。ゴーベル前商業相などが応援に駆け付ける中、南ジャカルタのホテルで立候補を表明した。また、もう一人は都市計画専門家として有名なマルコ・クスマウィジャヤ氏(54)。同氏はバンカ・ブリトゥン州出身の華人系で、自身のフェイスブックで立候補を表明。ジャカルタが抱える問題を根底から洗い出し都市計画によ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news