Archives : 監視システム

外国人の監視を強化へ、政府がタスクフォース設置を検討

インドネシア政府は外国人の監視システムの導入を検討している。外国人による違法就労が増えているためだという。 政府は現在、同国に入国した外国人の行動を監視するためのタスクフォースの立ち上げを計画している。タスクフォースは、外国人が違法就労やテロ、違法な薬物の売買などにかかわることを防止・対処することを目的にするという。 現在のシステムでは、外国人がインドネシアに入国する際の監視に注力している一方で、その後の行動に関しては徐々に監視の手からもれていってしまうため、タスクフォースによりそうした状況
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

火山活動の監視機器刷新へ

インドネシアでは来年、火山活動の監視システムの刷新を計画している。火山の噴火などによる災害をできるだけ未然に防止することが目的。 地質庁のエゴ長官によると、インドネシア国内には少なくとも127の活火山があり、国民の40%が噴火により被害を受ける可能性がある土地に住んでいる。このため、地震計や監視カメラなどの機器を増強あるいは刷新し、火山活動の監視体制を強める予定。 地質庁では傘下の火山地質災害対策局(PVMBG)を通じて、現在特に災害の危険性の高い69の活発な活火山の活動を監視している。この
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news