Archives : 発電所

グリーンピース 「バタン石炭火力発電所」の事業計画に反対運動 ジャカルタ

エネルギー危機に備え、インドネシア政府はバタン石炭火力発電所の建設を計画しているが、この動きにグリーンピースなどの環境保護団体は反対運動を起こしている。2月7日、「石炭による発電は環境を破壊するだけでなく、人間の健康も脅かす。政府にはクリーンなエネルギーの仕様へと方向転換してほしい。他に地熱や風力発電、水力発電などの選択肢がある。」と、インドネシア・グリーンピースのヒンドゥン・ムライカ氏がジャカルタで訴えた。事実、既に多くの国が石炭火力発電を取り止めている。アメリカでは200の石炭火力発電の稼働
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

国営電力PLN、遠隔地で小型発電所整備へ

国営電力会社PLNは遠隔地を対象に可動式の小型ガス発電所を整備する計画だ。これにより遠隔地向けの電力供給体制を強化する見通し。23日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 PLNのパプア州とマルク州での事業を統括するハルヤント氏は、「今後わが社は出力10~20メガワット(MW)の小型発電所を設置していく」と説明した。 今後、マルク州の6地域とパプア州の4カ所に可動式の発電設備を整備する込みだ。この計画に向けた調達・集札を2016年下半期に実施する。可動式の発電所は2017年末と
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

住友商事、石炭火力発電所5・6号基拡張事業を実施

総合商社の「住友商事」(東京都中央区、中村邦晴社長)は12月21日、「関西電力」、インドネシア最大のコングロマリットであるアストラグループ傘下企業である「ユナイテッド・トラクターズ」(UT)とともに、インドネシアでタンジュン・ジャティB石炭火力発電所5・6号基拡張プロジェクトを実施することを決定したと発表。インドネシア国営電力会社PLNと長期売電契約を締結した。 この事業は、インドネシアのジャワ島中部にあるタンジュン・ジャティB石炭火力発電所の隣接地に、1000メガワットの高効率な超々臨界圧
post in Uncategorized Tagged:,

80MWの地熱発電所建設へ、アチェ州

アチェ州は3年内に、同州サバンに出力80メガワット(MW)の地熱発電所を建設する計画だ。7日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 プロジェクトはサバン地熱エネルギー(SGE)が主導する。12月初頭にもサバンの4カ所の掘削作業を開始する見通し。 現在は、中央政府から土地利用の関する許可が下りるのを待っている段階という。 ジョコ・ウィドド大統領は半年前にサバンを訪問して以降、地元当局は複数の企業から投資の可能性に関してアプローチを受けてきたようだ。 サバン当局は地熱発電所の建
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news