Archives : 病気

西ジャカルタでレプトスピラ症 多発

ジャカルタ特別州衛生局長は、レプトスピラ症が最も発生しているエリアは西ジャカルタだと発表した。 レプトスピラ症とは、病原性レプトスピラの感染による人獣共通の細菌感染症で、その菌はネズミなどの尿に含まれている。西ジャカルタは2014年から2016年の3年間、連続でレプトスピラ症の発生率が他地域と比較してより高く、なかでもチェンカレンやカリデレスといった地域は頻繁に冠水するため、水たまりや洪水の水、さらには飲食物にまで菌が混ざっているという。レプトスピラ症は今年すでに40件発生しており、うち19件
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news