Archives : 生活必需品

海事担当調整相 海上高速道路の建設に意気込み

リザル・ラムリ海事担当調整相は13日、「海上高速道路の建設は、インドネシア東部における生活必需品の物価高抑止につながる」と語った。 同相は、米、砂糖、食用油などの価格が実際に下がっていることを例に挙げ、「海洋国家構想は、単なる大統領の夢だと言う人もいるが、高速道路の建設により、成果が出ている。物流コストが抑えられることで生活必需品の物価が下がり、それに伴い、ベニヤ板などの建築材料の価格も低下している」と、海上高速道路がもたらす利点について説明した。 政府の海洋政策は高速道路に留まらず、内務大
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

Find Another news