Archives : 犠牲祭

イスティクラル・モスクでスリ犯が捕まる

中央ジャカルタにある東南アジア最大のイスラム教のモスク「イスティクラル」で、犠牲祭で混雑していることを利用してスリを働こうとした男があえなく御用となった。13日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 被害に遭いそうになったのはアルディさんで、朝6時45分頃モスクに礼拝に訪れた際、入り口で履物を脱ごうとしていたときにシャツのポケットに入れていた携帯電話を盗られそうになった。アルディさんと一緒に来ていた兄弟がそれに気づき、「スリだ!スリだ!」と大声をあげた。この声でアルディさんはよう
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

アホック知事が贈った牛 強制退去を理由に送り返す

北ジャカルタのルアール・バタンにあるイスラム教のモスクで、イスラム教の最大の行事の一つである犠牲祭の贈り物としてジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事が寄贈した2頭の牛を、受け取りを断って送り返していたことが明らかになった。13日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 僧侶などモスクの関係者全員で議論をした結果、ルアール・バタンで行われている住民の強制退去が同地域の住民に快く思われていないというのがその理由。州政府では同地域の再開発を計画しており、そ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

ゴミ埋め立て地で牛飼育 15倍の鉛検出

中部ジャワ州スラカルタ農業当局は、スラカルタのプトゥリ・チェンポゴミ埋め立て地(TPA)で育てられた牛について、犠牲祭の生贄とする前に少なくとも6ヵ月の隔離を行う必要があると発表した。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 TPAで育った牛は当然ながらゴミを主食としており、当局が800頭を対象に実施した調査では、鉛を含む重金属を安全値以上に保有していることが判明。これを受け、牛をTPAから少なくとも6ヵ月間隔離した後でなければ、食用として販売してはならないとの規制を敷いたこ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

生贄購入はネットショップで

12日のイスラム教の犠牲祭を前に、首都ジャカルタでは生贄となる牛や山羊を路上で買い求める人の姿が多く見られたが、今年は例年と少し異なる買い方も目立った。5日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 昨年まで路上販売をしていたアミル・サレさん(68)は、今年はインドネシア最大のオンライン・マーケット「kaskus.co.id」でのみ生贄の販売をすることにした。サレさんは年齢のために実店舗を運営するのが難しくなったことと、オンライン販売の方が購買客を集めやすいと変更の利点を語った。
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

犠牲祭を控え生贄の健康状態を検査

今月17日に行われるイスラム教の犠牲祭(イドル・アドハ)を前に、ジャカルタ州政府は生贄としてと殺される牛や山羊などの健康状態の検査を進めている。8月29日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 8月29日には、州政府は800人の職員を動員して州内の各所で動物の検査にあたった。州の食品の安全性に関する部署の責任者であるダルジャムニ氏によると、検査は牛や山羊が良い健康状態にあることを保証するためのもので、体温や血液サンプルを検査することで、食べても大丈夫かどうかを確認するとのこと。ダ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

コタトゥア訪問者が前年から10%増加、犠牲祭休日

西ジャカルタ観光局はこのほど、2015年のイドゥルアドハ(犠牲祭)の休日に、コタトゥア(旧市街)を訪れた観光客は前年から10%増加したと発表した。26日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 西ジャカルタ観光局のまとめでは、イドゥルアドハの休日には1日当たり2000~4000人の観光客がコタトゥアを訪問した。同局はコタトゥア周辺で関連規制を実施したことを受け、観光客が伸びたとみている。 ジャカルタ特別州はさらに、コタトゥア周辺にフェンスを設け、露天商を規制するとともに、違法駐車
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:

犠牲祭、アホック知事、学校施設での”と殺”に懸念

イスラムの祝日、犠牲祭(イドゥル・アドハ)を24日に控え、ジャカルタ特別州のアホック知事は、「大勢の人が集まる所では、動物の血がまわりに飛び散る可能性がある。(目や口に入り)子どもたちが病気にならないか心配だ」と懸念を示し、学校やその他の公共施設などで、牛やヤギをと殺しないよう市民に呼びかけた。農水産食料免疫局のダルジャムニ局長は、「と殺場以外の場所で家畜をと殺することを禁止する法律はない」としながらも、行政の監視のもとで行うよう理解を求めている。一方、豊かな正義党(PKS)のナスルラー州議会議
post in インドネシアの政治/社会ニュース インドネシアのその他のニュース Tagged:

Find Another news