Archives : 牛

ゴミ埋め立て地で牛飼育 15倍の鉛検出

中部ジャワ州スラカルタ農業当局は、スラカルタのプトゥリ・チェンポゴミ埋め立て地(TPA)で育てられた牛について、犠牲祭の生贄とする前に少なくとも6ヵ月の隔離を行う必要があると発表した。11日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 TPAで育った牛は当然ながらゴミを主食としており、当局が800頭を対象に実施した調査では、鉛を含む重金属を安全値以上に保有していることが判明。これを受け、牛をTPAから少なくとも6ヵ月間隔離した後でなければ、食用として販売してはならないとの規制を敷いたこ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

Find Another news