Archives : 火事

州内の30%の市場で防火設備に不具合

中央ジャカルタのスネン市場で1600店舗以上が焼失した大火事の発生を受けて、ジャカルタ特別州では州内の市場で防火設備の一斉緊急点検を実施した。その結果、州内に150ある市場の約30%で、防火設備が国が安全と定める基準を満たしていないことが明らかとなった。 州内の市場を管理するパサール・ジャヤのアリフ・ナスルディン社長は、同社では国が定めた安全基準に合致するよう、市場の建物を改修することを予定していると述べている。また、同氏は今年は11の市場の改修を行う予定であることも明らかにしている。ナスルデ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ガスボンベ爆発 教会と数十軒の住宅が全焼

東カリマンタン州サマリンダ市で2日、火災が発生し、教会と数十軒の住宅が全焼した。目撃者のアリさん(28)によると、店に置いてあったガスボンベが爆発、出火し、すぐさま付近の住宅に燃え移ったという。焼けた家はほとんどが木造だったため、火のまわりも早かったと思われる。 サマリンダ市の消防車22台が出動し、東カリマンタン州陸軍も即座に動員された。出火から1時間半後、ようやく鎮火した。警察広報部によると今回の火災で死者こそ出なかったが、被害にあった住宅は100軒近くになると見込んでおり、現在も詳しい原因
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

プロウスリブでボヤ たばこが原因

ジャカルタの北方のプロウスリブ県の島で11月8日午前、たばこの火の不始末によるボヤがあった。火事が起こったのはプロウスリブのパリ島で、500平方メートルほどの空き地が燃えた。エディ・ルディヤント消防署長によると、火が付いたままのたばこが投げ捨てられたのが原因。火事の発生からおよそ1時間後に火は消し止められた。 ルディヤント署長は、「消火活動のために近くのカルヤ島の消防署から消防隊員を派遣した。パリ島には救援ボートを使って急行した。」と語っている。消防隊員が島に到着する前に、地元の住民がなんとか
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:, ,

インドネシア人女性がアラスカで死亡、旅行中に火事遭遇

アラスカを旅行中だったインドネシア人女性が、火事により亡くなった。女性は画像共有サイト「インスタグラム」でアラスカ旅行の写真をシェアしていたが、これまでに多数の人が女性の死を悼むコメントをネット上に残している。7日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 亡くなったのは、シルバナ・レジナ・スタントさん。シルバナさんはインドネシアのコングロマリット(複合企業)ウィングス・グループの共同創業者ハルジョ・スタントさんの娘で、普段はシンガポールに住んでいるという。 シルバナさんは自分の子
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

ジョコウィ氏の家具工場 火事で一部損傷

ジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領がスラカルタで所有する家具工場で19日火事が発生し、工場5棟のうち2棟が損傷した。20日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。火災発生は現地時間午後4時半頃で、火元は工場内の木材乾燥炉棟とみられている。目撃者によると、工場労働者は何とか火を消そうと消火器を使用したものの火の勢いが強く、あっとう間に周辺にも火の手が広がったという。その後、消防車10台で消火活動にあたり、何とか鎮火に成功した。幸い死傷者は報告されていない。警察は現場が落ち着くのを
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:,

火事で住宅38棟焼ける、246人家失う

西ジャカルタのクボンジュルクの「グリーンガーデン」の住宅38棟が火事で燃え、住民246人が家を失った。17日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 家事が発生したのは当時、住民が誰もいなかった住宅だったようだ。西ジャカルタ消防署は現場に消防車20台を派遣し、3時間後に消し止めた。 家事を目撃した地元住民は「その時、誰もいなかった住宅から火が燃え広がるのを見た」と語る。 クボンジュルク警察のエカ署長によると、火事の原因は漏電とみられている。 一方、今回の火事による負傷者は報告
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news