Archives : 準高速鉄道

ジャカルタ-スラバヤ間鉄道開発、日本が有力候補

ジャカルタ-スラバヤ間に開通予定の準高速鉄道の開発プロジェクトでは、日本が一歩リードしたようである。海事担当調整相のルフ氏は11月17日、来る12月21日にインドネシア政府は日本側と協議すると明らかにした。 インドネシア技術評価応用庁が行うフィジビリティ・スタディ(実行可能性調査)においても技術面で日本が支援する。同調査は、約半年程度を目安に翌1月から行われるが、ルフ氏は「技術面で慎重に検討すべきいくつかの課題があるため、半年で終えられるどうかは未定」と述べた。同氏によると、技術面の他にも、開
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news