Archives : 渋滞

渋滞対策 高速道路にバス専用レーン導入へ

首都圏交通管理局(BPTJ)は深刻化する渋滞を改善するために「HOVレーン」を採用する予定だ。同局のエリー局長は「片側車線に一時的に上下車線を設ける「コントラフロー(一方通行)」の制度も利用する。例えば、朝ボゴールからジャカルタ方面への道路は渋滞しているが、逆方面は渋滞していない。この渋滞のない方面の1つのレーンをバス専用レーン(HOVレーン)にする」と説明した。 同氏はすでに高速道路管理局(BPJT)とも協議していることを認め「自家用車で移動する富裕層もバスに乗るように質の良いバスを準備しな
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

全国の空港アクセス 10年で改善目指す

インドネシア政府は、都市部での交通渋滞緩和のため今後10年以内に国内全ての空港への公共交通アクセスを整備する方針だ。4日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。スマトラ州を訪問したジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は、同州のスルタン・ムハンマド・バダルディン2世国際空港とパレンバン市内をつなぐ次世代型路面電車(LRT)工事の現地視察中に同計画を発表。「今年はランプン州とパダン州で空港と都市部を結ぶ列車が完成する。来年にはスカルノハッタ空港とジャカルタ市内を結ぶ列車も完成予定だ」
post in インドネシアの経済/企業ニュース Tagged:,

電子道路課金導入、さらに遅れることに

首都ジャカルタの主要道路で導入が計画されている電子道路課金(ERP)制度について、ジャカルタ州政府はその導入がさらに遅れる見込みであることを明らかにした。16日付け英字紙ジャカルタポストが報じた。首都では交通渋滞の緩和のために、都心部に乗り入れる乗用車の数を減少させる一方策として、電子道路課金制度を導入することを計画している。2006年に調査が始まった後、法整備の不備や様々な調整不足により何度も計画に遅れが生じている。また、電子道路課金制度が始まると、多くの人が通勤手段を自家用車から公共交通機関
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:, ,

ジャカルタとカイロが姉妹都市に

インドネシアの首都ジャカルタとエジプトの首都カイロとが姉妹都市となりお互いに協力しあうことになったと、27日付け英字紙ジャカルタポストが伝えた。両都市は26日にジャカルタ州庁舎で姉妹都市提携に関する合意書に署名した。駐インドネシア・エジプト大使のデソウキ氏はカイロの交通渋滞がジャカルタと同様にひどいことに触れ、夜間人口が1400万人に対して昼間人口が1700万人にも増えるなど周辺都市から首都への通勤者のために交通渋滞がひどい状況にあると説明した。また一人で6台の車を所有するなど車を複数所持する人
post in インドネシアのその他のニュース Tagged:

Find Another news