Archives : 汚職

憲法裁判所の判事が収賄容疑で逮捕 全国民が失望

憲法裁判所の汚職事件に関与した容疑で、汚職撲滅委員会により、パトリアリス・アクバル判事が逮捕された。この事件は全国民を失望させたとジョコ・ウィドド(通称ジョコウィ)大統領は語った。大統領は、「私はまだこの事件の全容について報告は受けていない。だが、この事件は、インドネシアで裁判所など司法に携わる者の組織の改善をする際の教訓になる。将来に向けて、最も重要なことは我々が共に改善していくことだ」と語った。 汚職撲滅委員会は同判事を21億5000万ルピア収賄の容疑で、1月25日、ジャカルタ中央のショッ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

汚職撲滅委員会、クラテン県知事を逮捕

汚職撲滅委員会はクラテン県知事スリ・ハルティニに対して現行犯逮捕作戦を展開した。汚職撲滅委員会の会長アグス・ラハルジョ氏は、逮捕者の一人がクラテン県知事であると、12月30日にコメントした。だが、そのほか誰の身柄を拘束したのか、元クラテン県副知事が関与した動機などについては明確にしなかった。汚職撲滅委員会の報道官は、他の情報は追って報告すると語っている。 スリ・ハルティニ現知事は闘争民主党の政治家であり、元クラテン県知事ハルヤント・ウィボオの妻だ。2003年度・2004度版学校教科書調達プロジ
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

兵器調達で汚職 元大佐に終身刑

インドネシア軍の軍事裁判所は11月30日、2010年から2014年にかけて戦闘機やヘリコプターなどの調達で資金管理の責任者であった元大佐のテディ・ヘルナヤディ被告に対し、終身刑を言い渡した。テディ被告はF16戦闘機やアパッチ・ヘリコプターなどの調達に絡んで不正に1200万米ドルを着服した疑いで逮捕されていた。 2014年に、軍の内部監査でテディ被告の口座に1200万米ドルが送金されていたことが発覚し、事件が明るみになった。テディ被告はこの金で軍や政府関係者に便宜を図った他、少なくとも53人の民
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

汚職や職務怠慢で12人の公務員が解雇

ブンクル州政府で働く12人の公務員が、汚職や職務怠慢を理由に解雇された。12人中9人が汚職に関与しており、他3人は一年間で46日以上欠勤していた。また、解雇されたうち5人はすでに汚職で有罪の判決を受けており、他2人は汚職撲滅委員会によって地裁判事への贈収賄疑惑で現行犯で摘発され、現在裁判進行中である。 ブンクル州政府・人事雇用委員会委員長のヘンドリ氏は、州知事の法令により、5人が懲戒免職、4人が懲戒停職、3人が諭旨免職とされた旨、公表した。一方で、汚職関与事件で裁判中の公務員については、現在5
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

違法な現金要求で警官3人を逮捕

ジャカルタ特別州警察は14日、自動車の運転免許証の取得に便宜を図る見返りとして違法に現金を受け取っていたとして、州内の別々の場所で計3人の警官を逮捕した。15日のインドネシア英字紙ジャカルタポストが報じた。 ジャカルタ特別州警察のアウィ・セティオノ報道官によると、これらの警官は運転免許証の取得にやってきた市民に対して、取得に際して義務付けられている身体検査を省略する方法があると持ち掛けた疑いがある。一人の警官は身体検査を省略する見返りとして2万5000ルピアを受け取っていた。また、この警官の自
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

贈収賄の大半は民間企業で

インドネシア国内で根強くはびこる汚職の現状について、国家汚職撲滅委員会(KPK)が調べたところ、大半のケースが民間企業で発生していることが明らかとなった。9月30日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 ドイツのベルリンに本拠地を置き、世界中でビジネスの透明性を高める活動を行っている「アライアンス・フォー・インテグリティ」のインドネシアにおける活動開始を記念する式典でKPKのパハラ・ナインゴラン氏が語ったところによれば、KPKが汚職事件として取り扱っている500件の案件のうちの3
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

汚職は増加している 国民の6割が実感

ジョコ・ウィドド政権下の2年で、国民の6割以上が「汚職が増加した」と感じているというデータが発表された。7月27日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。 調査は米国に本部を置く民間シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)が4月、19歳以上の3900人を対象に行ったもの。報告によると、回答者の50.4%が「政権は汚職撲滅に真剣に取り組んでいる」としながらも、66.4%が「汚職は増加した」と答えていたという。またCSISは、汚職事件では裁判所が検察の求刑よりも軽い処罰を課す傾
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

ジャカルタで汚職は許さない 罰則規定強化

 ジャカルタ特別州当局は、州が目指すクリーンな政治に反する行為をした者に対し、今までより厳しい罰則を与えることを明らかにした。16日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。  バスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事は報道陣に対し「汚職または不正行為をした公務員や契約社員に対しては、解任・降格・給料カットを辞さない」と明言。知事によると、今回の警告は、州内の地区長が住民から不当に金銭を巻き上げていた事実が発覚したことを受けてのもの。地区長らは、本来なら無償で行うべき公共事業で
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

グランドインドネシア建設で元国営企業相に汚職疑惑

検事総長は、元国営企業相のスカルディ氏に対する捜査を再開した。スカルディ氏は、グランドインドネシアモール建設工事に関わる汚職事件の証人として捜査の対象となる。4月18日、検事総長情報局のアミール・ヤント局長が明らかにしたと、18日のインドネシア・コンパス紙電子版が報じた。 当初、グランドインドネシアの敷地は政府が所有していたが、ホテルインドネシア社とBOT(Build Operate Transfer)方式の業務委託契約を交わしていた。2004年にはプロジェクトがスタート。契約では、ホテルイン
post in Uncategorized Tagged:, ,

アホック氏に汚職疑惑 KPK12時間事情聴取

汚職撲滅委員会(KPK)は12日、土地購入に関する汚職疑惑でジャカルタ特別州のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事を12時間にわたり事情聴取した。13日のインドネシア英字紙ジャカルタポスト電子版が報じた。州は2014年、西ジャカルタで病院建設のため約7557億ルピアで土地を購入。しかし会計検査院(BPK)は、課税額より算出した周辺地価と比較し、購入価格が1990億ルピア以上高いと指摘していた。KPKは今回の参考人聴取について「BPKと州政府、双方から意見を聞き公正に判断するために知事を
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news