Archives : 水耕栽培

高校で水耕栽培を学ぶ スマラン

中央ジャワ州スマランのバウェン第1高校では、生徒全員が野菜の水耕栽培に取り組んでいるという。今年の2月より、2400平方メートルの広さの校舎を温室として利用。水耕栽培の利点は、殺虫剤を使用しなくてもよいことや栽培期間が短いことである。この高校では、販売網も確立しており、トランスマートやカルフールを始め、すでに複数のスーパーマーケットやレストランと取引契約が結ばれている。ある生徒は、「水耕栽培は季節を選びません。害虫による損失も少ない。栽培期間も短い。多くの労働力も必要としません。」と誇らしげに語
post in インドネシアの政治/社会ニュース Tagged:,

Find Another news